動物占いには無い感覚!動物占術

安倍晋三



■2期連続で内閣総理大臣を努めている安倍晋三氏を占ってみた

安倍晋三氏といえば、皆さんも御存知の通り現在(2017年3月現在)の内閣総理大臣を勤める人物です。
内容はともかくとして経済政策として掲げている「アベノミクス」という言葉を知っている方も多いのでないでしょうか?

今回は1954年(昭和29年)9月21日生まれの安倍晋三氏のことを動物占術で占ってみました。

■フロンティア気質のコジカ

このコジカの性格的な特徴は大人と子供両方の雰囲気を持ち、人間関係を円滑にするコミュニケーション能力を持っています。誰とでも公平に平等に交流するタイプが多く、いわゆる八方美人の傾向が強く見られるようです。

政治家で一国の首相ともなれば高いコミュニケーションスキルが必要とされます。
安倍氏はそのスキルをいかんなく発揮しているのではないでしょうか?

賛否はあるでしょうが、破天荒な言動が多いアメリカのトランプ大統領ともいち早く会談を行い、日米同盟の更なる強化に貢献しました。

コジカにはある年齢になると競争心よりも謙虚さが強くなり、実績を自慢するようなことがなくなり自然と信頼が集まる特徴もあります。

こういった面も2期連続で内閣総理大臣を勤めている安倍氏の人柄にも現われているのではないでしょうか?
安倍氏は日本と海外で勉学に励んでいましたが、大学生の頃にはもう落ち着きがある、おとなしい学生だったと言われています。
しかし、その反面カルフォルニアの英語学校では日本人が多いため勉強の障害になると判断し、別の学校に通い直すほどの勤勉さも覗かせています。

■今後の活躍について

コジカは独特の感性を持っており、学問や芸術に携わる部分で活躍すると言われています。
そしてリーダーになる気がなくても、いつの間にか一番やリーダーなどのポジションにおさまることが多いのです。

もしかすると安倍氏が望まないところで今のポジションに就いた可能性もありますが、今は内閣総理大臣として日本の未来を牽引する一人であることは間違いありません。
今後は日本だけではなく、アジアや世界を引っ張っていくようなリーダーになってくれるかもしれませんね!

トップへ戻る