動物占いには無い感覚!動物占術

綾瀬はるか









■ドラマや映画に引っ張りだこ!女優:綾瀬はるかを占ってみた



日本を代表する女優といっても過言ではないくらいの高い演技力を持っている綾瀬はるか。



2000年に第25回ホリプロタレントスカウトキャラバンで審査員特別賞を受賞し、芸能界デビューしました。



2004年にはドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」のヒロインに抜擢され、2007年には「ホタルノヒカリ」で初の連続ドラマ単独主演をつとめ、天真爛漫な「干物女」の主人公を見事演じきり、話題となりました。



その後2013年にはNHK大河ドラマ「八重の桜」で主演をつとめるなど、時代劇でも大活躍しています。



また、2005年に「第47回 日本レコード大賞」で司会を務め、その後2013年にも「第64回NHK紅白歌合戦」で紅組司会を務めなど、女優としてだけでなく司会者としても活躍しています。



今回はそんなマルチに活躍している綾瀬はるかさんを動物占術で占ってみました。



■『ナイーブな社交家の黒ヒョウ』



動物占術で占った結果、綾瀬はるかさんは『ナイーブな社交家の黒ヒョウ』でした。



『ナイーブな社交家の黒ヒョウ』には



「人格的にバランスのとれた社交家。クールで理論派の側面とウェットで人情家なところが共存していて、幅のあるキャラクターを打ち出せる。物事や状況の判断を、理性と直感の両面から多角的にできるの。感情に流されることなく、ちょうどよい温度感で人付き合いができる」



という特徴があります。



実際に綾瀬はるかさんは、現場スタッフからの人気も高く、「現場スタッフが選ぶ性格の良い女優ランキング」では見事1位を勝ち取っています。



その理由は、綾瀬はるかさんは文句をほとんど言わず、誰とでも仲良く話すことができるからだそうです。



そのため、たくさんの現場スタッフの方から「また一緒に仕事がしたい!」と思われるそうです。



また、綾瀬はるかさんの仕事に対して一生懸命な姿勢、素直で穏やかな性格にも定評があるそうです。



さりげない気遣いや親切ができて、会話のテクニックも上級。



そんな『ナイーブな社交家の黒ヒョウ』である綾瀬はるかさんのまわりには自然と人が集まり、人間関係を長持ちさせることができるのでしょう!



■綾瀬はるかさんの“恋愛”は?



綾瀬はるかさんは現在まだ独身で、あまり浮いた話は聞かないですよね。



『ナイーブな社交家の黒ヒョウ』には



「恋愛は感覚的なものを重視する。第一印象が良ければ恋愛の対象になり、相手の条件を度外視してでも直感的にピンときたらアプローチすることも。理想はかなり高めなため、いざ関係がスタートすると現実とのズレに落ち込んだり、悩むこともある」



という特徴があります。



そんな『ナイーブな社交家の黒ヒョウ』と相性が良いのは「ハイセンスで教養のある男性」です!



いつの日か綾瀬はるかさんが、そんな素敵な男性とゴールインすることを願っています。



トップへ戻る