動物占いには無い感覚!動物占術

出川哲朗









■日本を代表するコメディアン!出川哲朗を動物占術で占いました!



さまざまなバラエティ番組で大活躍している出川哲朗。



1985年にお笑いコンビ「ウッチャンナンチャン」らと「劇団SHA・LA・LA」を結成し、座長として活動しはじめました。



当時は座長である出川さんが自分含めたメンバーのギャラ交渉やスケジュール管理などを行っていたそうです。



1986年から1989年まで「男はつらいよ」シリーズの第37作「幸福の青い鳥」から第41作の「寅次郎心の旅路」まで5作品連続出演を果たすなど、役者としても活躍しました。



さらに2009年から2010年までインターネット放送のアメーバビジョンで出川哲朗さん初の冠番組「出川哲朗の俺をおいしくしろ!」という番組が放送されていました。



2017年現在も旅・バラエティ番組「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」という番組を持ったり、バラエティ番組「謎とき冒険バラエティー 世界の果てまでイッテQ!」に出演するなど、芸能界の第一線を走り続けています。



今回はそんな出川哲朗さんを動物占術で占いました!



■『流れにまかせて生きる羊』



動物占術で占った結果、出川哲朗さんは『流れにまかせて生きる羊』でした。



『流れにまかせて生きる羊』は



「社会の中で孤立しないよう、人との絆を大切にしている。周囲との関係性やバランスを見ながら、自分の立ち位置を見い出し、安定したポジションに収まる。人に囲まれ、仲間と過ごす時間を何より大事にする。誰かの役に立ち、必要とされることに喜びを感じるタイプ」



という特徴を持つ動物です。



実際に出川哲朗さん人との関わりを大切にしていて、番組のオンエアが終わったあとに担当のディレクターさんに「○○の部分の編集がすごくよかった」と具体的にどこがどうよかったかまで詳しく伝えているそうです。



それだけでなく、番組スタッフの名前もしっかり覚えているため、裏方で活躍している人たちの中にも出川哲朗さんのファンが大勢いるそうです!



超売れっ子であるのにもかかわらず、人によって態度を変えることがなく、現場スタッフを大切にしている出川哲朗さんはまさに『流れにまかせて生きる羊』ですね。



■出川哲朗はタフ?



『流れにまかせて生きる羊』は責任感が強いため、なんでも自分のちからでやり遂げようとする傾向がある動物でもあります。



持ち前のタフさと粘り強さで困難を乗り越えることができるでしょう。



視野を広げて、大きな志を持ち続けるとどんどん成長していくことができます。



トップへ戻る