動物占いには無い感覚!動物占術

ペ・ドゥナ



■日本でも大人気!韓国の女優ペ・ドゥナさんを占ってみた。

本日はお隣の国、韓国で新大統領が決まった!ということで、このコーナーを担当する中の人にちょっとした韓流ブームが到来!
というわけで今回は韓国の女優さんで日本でも人気が高いペ・ドゥナさんを動物占術で占ってみました。

『ほえる犬は噛まない』という脱力系コメディ映画でデビューを果たした、と紹介されることが多い彼女ですが、実はJホラー(ジャパニーズ・ホラー)を代表する『リング』の韓国リメイク版でこわーい「貞子」を演じて、それがデビュー作になったそうです。
2000年代には『リンダリンダリンダ』『空気人形』といった日本の映画作品にも出演しているので、ご存知の方も多いと思います。

さて、1979年10月11日生まれのドゥナさん。
どんな占い結果が出てくるのでしょうか……?

■小悪魔タイプのチーター

ペ・ドゥナさんの占い結果は、『小悪魔タイプのチーター』でした。

「天性の気分屋」というのが、『小悪魔タイプのチーター』の特徴。
「気まぐれな天真爛漫さが男性を引き付ける小悪魔的な魅力になっているようです」
「明るくて一緒にいると楽しく過ごせます」
そんな女性であるようです。

確かに、無邪気な笑顔が魅力的な童顔がドゥナさんの魅力のひとつです。
映画で演じるキャラクターの多くも、たとえばブルーハーツを歌う女子校生バンドの青春を描いた『リンダリンダリンダ』での表裏のない天真らんまんな留学生など、『小悪魔タイプのチーター』の性格が活かされているキャラクターを演じることが多い女優さんです。

■無邪気な顔の裏にはしたたかさもあり!

一方で、「無邪気に見えますが、野心を秘めていて成功のチャンスを常に狙っています」という面も。
「本気で欲しいもののためなら、すべてを賭けるほどの勇気と度胸を持っているのです」
という占い結果が出ています。

確かに、若くして韓国映画界のトップ監督であるパク・チャヌクさんの作品(『復讐者に憐れみを』)や、世界的に高い評価を受ける日本の映画監督、是枝裕和さんの作品(『空気人形』)、さらにハリウッド大作の『ジュピター』など、注目の作品に数多く出演している彼女。

さまざまな映画に出演して存在感をアピールし、確実にキャリアを積み上げていく姿には、『小悪魔タイプのチーター』の特徴が見てとれます。
これからもそんな姿勢でさまざまな名作に出演し、私たちを魅了してくれることでしょう!
トップへ戻る