動物占いには無い感覚!動物占術

エマニュエル・マクロン



■フランス新大統領!エマニュエル・マクロン氏を占ってみた。

日本時間の5月8日未明、フランス大統領選挙の投票が終了して、戦後フランスで最年少の39歳で選挙に臨んだエマニュエル・マクロンさんが、極右政党のルベン氏を破って当選しました。

アメリカではトランプ大統領が誕生し、イギリスはEUから脱退し……といった動きがある中、マクロン氏は極端な保守やリベラルにこだわることなく「中道」をいくというポリシーを掲げています。

今回は、そんなマクロンさんを動物占術で占ってみました。
1977年12月21日生まれのマクロンさん、どのような結果が出るのでしょうか……?

■プラス思考の前向きなトラ

エマニュエル・マクロンさんの動物占術の結果は、『プラス思考の前向きなトラ』と出ました。
詳細を見てみましょう。

『プラス思考の前向きなトラ』の詳細を見てみると、
「社交家でオープンなタイプなので、交友が広く人気もあります」
という政治家にはピッタリの資質が示唆されていますが、同時に、
「ただ、実力主義で実利を優先する傾向があり、人間関係を『利害』でとらえがち」
という部分も。

確かに、経済的な部分では企業の自由競争を認めていることから、ちょっとした批判も受けているマクロンさん。

「配慮を欠くと、思わぬところで敵を作る可能性もあります」
というドキッとするような文言もあります。ぜひ気を付けていただきたいところです。

■見通しは明るい!

とはいえ、もちろんいろんなところに配慮して、気を付けていればOK!
「長所は底抜けの明るさとプラス思考」
「多少の困難、遭遇するトラブルも前向きに解釈し、たとえ落ち込んでもすぐに再浮上できます」
という特徴がある『プラス思考の前向きなトラ』の、エマニュエル・マクロン新大統領。

「いつどんなときも謙虚さを忘れなければ、どのジャンルでも成功が約束されています」
というわけで、いろいろと難しいことが多い時代ではありますが、持ち前の明るさ、プラス思考をもって、フランスを、ヨーロッパを、そして世界をしっかりと導いてくれることでしょう!
トップへ戻る