動物占いには無い感覚!動物占術

劇団ひとり



■お笑い芸人としてだけでなく小説家や脚本家としても活躍を続ける劇団ひとりさんを占ってみた

劇団ひとりさんは様々な分野で活躍されています。
ピン芸人としてコントを披露したり、軽快なトークで笑いを取る姿は今もよく見ますよね。

しかし、劇団ひとりさんはお笑い芸人だけでなく、小説家としても活動されています。
2006年に執筆した「陰日向に咲く」はデビュー作であったにも関わらず100万部を超えるセールスを記録し、2008年には映画化もされ大きな話題となりました。

その後もエッセイやアニメの脚本なども手がけ、俳優としても活躍しておりマルチな才能を発揮されています。

そんな劇団ひとりさんを動物占術で占ってみました。
生年月日は1977年2月2日で中学時代はかなりやんちゃをしていたようで中学生にして金髪でパンチパーマだったそうです

■つかみどころのない空想系ペガサス

劇団ひとりさんの動物占術の結果はつかみどころのない空想系ペガサスでした。
確かに劇団ひとりさんの趣味や嗜好は変わっており、つかみどころのないキャラクターして知られているようです。

占いの詳細を見てみると
「生まれながらにある種の才能を授かっているので、それを開花する方向に動くのでしょう。」
とありました。

前述したようにお笑い芸人に留まらず、小説家や脚本家、俳優として活躍されているので、占いの内容と合致していますよね。
コントの演技力が芸人としては非常に高かったことから、俳優としてのオファーがあったようです。

映画「クレヨンしんちゃん」の脚本も手がけており、お笑い芸人がアニメ映画の脚本を担当することは珍しいことだったので、こちらも大きな話題となりました。

■先輩からも好印象

動物占術には
「つかみどころのなさが特徴であり、人を引き付けてやまない魅力になっています。」
同じ事務所の先輩である土田晃之さんは当初「気合の入った後輩が入ったなぁ」と思っていたそうですが、今ではすっかり可愛がられているそうです。

劇団ひとりさんと大沢あかねさんの結婚届の見届け人はあの上島竜兵さんが務めたそうです。
トップへ戻る