動物占いには無い感覚!動物占術

ゲイリー・オールドマン



■ハリウッドの“悪役商会”!?ゲイリー・オールドマンさんを占ってみた。

日本では、主に時代劇の世界で“悪役”として活躍する俳優さんたちが「悪役商会」を結成し、さまざまなドラマなどでその演技力を駆使してお茶の間を楽しませていますが、今回、動物占術で占ってみたゲイリー・オールドマンさんはある時期、さながら「ハリウッドの悪役商会」的な俳優さんとして活躍しました。
1994年の『レオン』で演じた、麻薬捜査官でありながら麻薬と悪事に溺れている強烈な悪役は映画史に残る人物として今も語り継がれています……。

さて、1958年3月21日生まれのゲイリー・オールドマンさん、動物占術ではどんな結果が見られるのでしょうか?

■カリスマ的な魅力のある猿

ゲイリー・オールドマンさんの占い結果は、『カリスマ的な魅力のある猿』でした!

『カリスマ的な魅力のある猿』は、「親しみやすさと気さくな雰囲気のある人気者」であり、「人との間に垣根を作らないので、どんな人とでも打ち解けることができます」……と、悪役商会のイメージからはかけ離れた人物像のようですが、実際のゲイリーさんもプライベートでは家族を大事にするお父さん。

「責任感があって、親切」という『カリスマ的な魅力のある猿』らしく、「人の面倒見がよくて、フランクに対応してくれるので頼りにされることも多い」ゲイリーさん。仲間や後輩の俳優たちからは慕われ、さらにその卓抜した演技力から高いリスペクトを集めています。
そう、「いつのまにか憧れの対象、慕われる存在になっているようです」という『カリスマ的な魅力のある猿』の占い結果にあるように。

■ただの「俳優」では終わらない人物!

『カリスマ的な魅力のある猿』は、「ビジネスでは有能さを発揮し一目置かれます」という人で、「とくに交渉に強く、相手の出方に応じて全方位完璧な応対が出来る」とされています。
また、「計算に強いので、合理的に考え有効な戦略を打ち出します」という面もあるようです。

確かにゲイリーさん、ハリウッドでは映画監督としても活躍し、1997年に発表された『ニル・バイ・マウス』はカンヌ国際映画祭で非常に高い評価を得ています。
映画監督は、芸術的センスはもちろん、さまざまな方面と交渉し、合理性をもって現場を統率していく役目。傑作を監督したゲイリーさんは、まさしく『カリスマ的な魅力のある猿』としての資質を十分に発揮しているのです!
トップへ戻る