動物占いには無い感覚!動物占術

葉加瀬太郎









■世界的バイオリニスト!葉加瀬太郎を動物占術で占いました







日本を代表するバイオリニストである葉加瀬太郎。



葉加瀬太郎さんが作った「情熱大陸」という曲は知らない方はほとんどいないと言っても過言ではないほど今現在もたくさんの人に愛されていますよね。



葉加瀬太郎さんは4才でバイオリンをはじめ、中学生の頃には西日本コンクールで2位を獲得するなど、バイオリニストとしての才能を開花させていきました。



高校卒業後は東京藝術大学に入学。



入学後はニューエイジ・ミュージックバンド「クライズラー&カンパニー」で活躍し、従来のクラシックやポップスといったジャンルにとらわれない音楽性で人気が爆発し、音楽界に名を轟かせました。



1996年に「クライズラー&カンパニー」が解散したあとは、翌年1997年にソロデビューを果たしました。



2010年にはNHKの連続テレビ小説「てっぱん」のテーマ曲と劇中歌を担当しました。



2017年現在も、バイオリニストとして活躍の場を広げているのはもちろんですが、さまざまなバラエティ番組にも出演しています。



今回はそんな葉加瀬太郎さんを動物占術で占いました!



■『流れにまかせて生きる羊』



動物占術で占った結果、葉加瀬太郎さんは『流れにまかせて生きる羊』でした。



『流れにまかせて生きる羊』は



「社会の中で孤立しないよう、人との絆を大切にしている。周囲との関係性やバランスを見ながら、自分の立ち位置を見い出し、安定したポジションに収まる。人に囲まれ、仲間と過ごす時間を何より大事にする。誰かの役に立ち、必要とされることに喜びを感じるタイプ」



という特徴を持つ動物です。



葉加瀬太郎さんといえば、現在もさまざまなアーティストに楽曲提供をしていますよね。



自分の作った曲をアーティストさんが気に入ってくれて、尚且つヒットして全国の方々に曲が愛されるようになれば葉加瀬太郎さんも喜びを感じるに違いないですよね。



また、実際に葉加瀬太郎さんはバイオリニストとして今も世界各国でコンサートを行うなど世界中を飛び回っていますが、その理由のひとつとして『流れにまかせて生きる羊』の安定したポジションにおさまるという特徴があるからということも考えられますよね!



そんな葉加瀬太郎さんはまさに『流れにまかせて生きる羊』といえるでしょう。



■葉加瀬太郎はツメが甘い?!



『流れにまかせて生きる羊』は



「仕事では何事にも責任を持って、自力でやり遂げようとする。タフさと粘り強さで、困難も乗り越えていく。綿密な計算でリスクを回避し、着実に結果を積み上げていく」



という特徴を持つ動物でもあります。



しかし、最後の最後で詰めが甘くなる傾向があります。



そのため、『流れにまかせて生きる羊』である葉加瀬太郎さんも「最高」の仕上がりを意識すると才能が開花していくことでしょう。



トップへ戻る