動物占いには無い感覚!動物占術

濱田岳





■演技派俳優!濱田岳を動物占術で占いました!



さまざまなドラマや映画、CMに出演している濱田岳。



9歳の頃にスカウトされ芸能界入りし。1998年のドラマ「ひとりぼっちの君に」で子役デビューを果たしました。2000年以降は一時芸能活動を休止していましたが、2004年のドラマ「3年B組金八先生」に出演後本格的に俳優業を再開しました。2006年には映画「青いうた〜のど自慢 青春編〜」2008年に映画「アヒルと鴨のコインロッカー」で「第22回 高崎映画祭最優秀主演男優賞」を受賞。2011年にはドラマ「ピースボート -Piece Vote-」で連続ドラマ初主演をつとめ、2015年には「2014年CM好感度ランキング」の男性部門で第二位を獲得するなどお茶の間から人気を集めました。2018年現在もダイハツ工業「トール」のCMやKDDIの「au三太郎シリーズ」のCMに出演するなど大活躍しています。今回はそんな濱田岳さんを動物占術で占いました。



■『憧れの存在的なライオン』



動物占術で占った結果、濱田岳さんは『憧れの存在的なライオン』でした。『憧れの存在的なライオン』は「王者ライオンの風格漂う人格者。能力の高さをひけらかしたり、権力を笠に着ることはありませんが、自然な流れで慕われる人物として一目置かれます。礼儀正しく、親切で気配りもきくので友人関係にも恵まれるでしょう」という性格を持ち合わせている動物です。



濱田岳さんはおちゃらけてそうなイメージがありますが、実際はとても真面目な性格だそうです。仕事でもプライベートでも真面目な濱田岳さんはきっとたくさんのスタッフや共演者から慕われているのでしょうね。



さらに『憧れの存在的なライオン』は「自分の台本に従って人生を切り開き、プロデュースしていく人。世間的な評価や周りの噂、自分に関する評判が耳に入っても意に介しません。人生の主人は自分であり、舞台の主人公も自分以外にないと確信しているのです。脇役から指図されたり、命令を受けるのは屈辱。責任を持って様々な選択をし、完璧を追求して自分なりに努力します」という一面もある動物です。



実際に濱田岳さんは俳優として生きていくために高校を中退し、芸能活動に専念しました。高校を辞めるときは周囲から色々なことを言われたのだと思いますが、周りの評価を気にせず自分の信念を貫ける濱田岳さんはまさに『憧れの存在的なライオン』でしょう。



トップへ戻る