動物占いには無い感覚!動物占術

日高光啓









■マルチに活躍する音楽人!日高光啓を動物占術で占いました!



ラッパーと歌手としてたくさんの人々を魅了し、若い世代から大人気の日高光啓。



高校二年生のときにAAAの男性メンバー限定オーディション「エイベックス男募集!」を受け、見事合格し芸能界入りを果たしました。



2006年からAAAの活動と並行してラップ活動をはじめました。



その後フリースタイルをはじめるなど、本格的にラッパーとしても活動していきました。



2010年には同じくAAAのメンバーである西島秀俊さんと一緒に映画「サヨナライツカ」に出演しました。



2013年には東京、大阪、名古屋、福岡のZeppでワンマンツアーを開催するなど、AAAのメンバーとしてだけでなく人気ラッパーとしても認知されるようになっていきました。



2017年現在も3番目のアルバム「OLIVE」や9番目のアルバム「Silly Game」をリリースするなど、積極的にラッパーとして活躍しています。



今回はそんなマルチに活躍する日高光啓さんを動物占術で占いました。





■『つかみどころのない空想系ペガサス』



動物占術で占った結果、日高光啓さんは『つかみどころのない空想系ペガサス』でした。



『つかみどころのない空想系ペガサス』は「気まぐれで行動したり、後先考えずに直感で物事を決めたりもします。そのときの感覚で生きているので、周りが振り回される事態も起こりえます。過去の言動から未来が予測できないのがこのタイプのペガサス。解釈によっては、信用ならない人と噂されることも」という性格をもつ動物です。



実際に日高光啓さんは早起きが苦手で、AAAイチの遅刻魔と言われるほどよく遅刻をしてしまうそうです。



メンバーがいくら注意してもなかなか直らないため、メンバーも困っているそうですね…。



ときには1時間以上遅刻をしてしまうこともあるそうなので、はやく遅刻癖がなおってメンバーやスタッフを安心させてほしいですね!





さらに『つかみどころのない空想系ペガサス』は「凡人には理解できないところで生きています。常識や社会通念をあてはめると的外れになるでしょう。なにをするでも型破り、前例のないことにチャレンジしたいと思ってもいます。生まれながらにある種の才能を授かっているので、それを開花する方向に動くのでしょう。現実的な対応能力は高めですが、本来は空想の世界の住人。決まりごとのない世界で束縛されず自由に動いていたいのです」という性格も持ち合わせている動物です。



実際に日高光啓さんはAAAで人気アーティストとして活躍しているだけでなく、実力派ラッパーとしても注目を浴びています。



そんな才能豊かな日高光啓さんはまさに『つかみどころのない空想系ペガサス』でしょう!



トップへ戻る