動物占いには無い感覚!動物占術

本郷奏多









■子役時代から活躍し続けているイケメン俳優!本郷奏多を動物占術で占いました!



小さい頃から子役として芸能界で活躍している本郷奏多。



幼稚園の頃からキッズモデルとして活動しており、その後スターダストプロモーションに所属して本格的に芸能界入りを果たしました。



2002年の映画「リターナー」で俳優デビューを果たし、2005年の映画「HINOKIO」でわずか14歳で映画初主演を果たすという快挙を遂げました。



その後も2006年の映画「テニスの王子様」や2008年の映画「青い鳥」などで主演をつとめ、話題となりました。



さらに2015年には映画「進撃の巨人」でアルミン役をつとめるなど、話題の人気俳優となりました。



2017年現在も映画「鋼の錬金術師」やドラマ「ラブホの上野さん」に出演するなど、芸能界で大活躍し続けています。



今回はそんな本郷奏多さんを動物占術で占いました!



■『自由を愛するペガサス』



動物占術で占った結果、本郷奏多さんは『自由を愛するペガサス』でした。



『自由を愛するペガサス』は「なにかしらの才能に恵まれた天才肌で、アーティストやクリエイターとして頭角を現します。複雑で繊細な神経は、ときに周囲との壁を作ることも。気難しい面もあり、親しくなるほど付き合い方には工夫が必要です。とはいえ、初対面では好印象を与え人を引き付けるだけの魅力が備わっているのも事実」という特徴をもつ動物です。



実際に本郷奏多さんは小さな頃から芸能界で活躍していて、わずか14歳という若さで映画初主演を果たすなど、異例の快挙をとげています。



また、本郷奏多さんは多趣味で、プラモデル作りやピアノなどが好きだそうです。



さらに本郷奏多さんは少々潔癖な一面があり、汚い格好で自宅にきた友人や知人のための着替えセットを玄関に設置しているようです…!



こういった本郷奏多さんの潔癖っぽい一面からも繊細な『自由を愛するペガサス』であると考えることができますよね!



複雑で繊細な神経質な一面がありますが、その一方で厳しい芸能界で勝ち抜いていけるだけのポテンシャルとセンスを持ち合わせている本郷奏多さんはまさに『自由を愛するペガサス』でしょう。



■本郷奏多は自由人?



『自由を愛するペガサス』には「自由を愛し、束縛を嫌います。ルールを押し付けられたり、ノルマを課せられたり、責任を負わされると逃げだす傾向が。いったん落ち込むとなかなか浮上できず、何も手につかなくなったりします」という一面もあります。



才能を称賛し、実生活面でサポートしてくれるパートナーがいれば高く飛翔し世界に名を売ることもできるでしょう!



トップへ戻る