動物占いには無い感覚!動物占術

藤原竜也









■日本を代表する実力派俳優!藤原竜也を動物占術で占いました!



たくさんのドラマや映画で主演をつとめている藤原竜也。



1997年に舞台「身毒丸」の主役オーディションで見事グランプリを獲得し、芸能界デビューを果たしました。



2000年には映画「バトル・ロワイアル」の主演に抜擢され、若き実力派俳優として活躍するようになりました。



2001年にはドラマ「新・星の金貨」で連続ドラマ初主演をつとめ、2003年には史上最年少の21歳という若さで舞台「ハムレット」での演技が評価され、数々の演劇賞を総なめにするという快挙を遂げました。



2006年には人気映画デスノート」、「デスノート the Last name」で主演の夜神月をつとめ、話題となりました。



その他にも映画「カイジ」や「藁の楯」、「僕だけがいない街」で主演をつとめるなど、日本を代表する実力派俳優として活躍していきました。



2017年現在も映画「22年目の告白 -私が殺人犯です-」で主演をつとめるなど、藤原竜也さんの勢いは止まりません。



今回はそんな藤原竜也さんを動物占術で占いました!



■『調和を大切にする羊』



動物占術で占った結果、藤原竜也さんは『調和を大切にする羊』でした。



『調和を大切にする羊』は



「悠然とした落ち着きと穏やかさの漂う人。煩わしい人間関係や駆け引きを避けて、波風の立たない関係性を作っていく社交家。人に意見したり、強く自己主張することなく周りに合わせていく協調性に優れている。人と人の調和を大切にし、仲間うちの潤滑油のような役を担っている人が多い」



という特徴をもつ動物です。



実際に藤原竜也さんは裏表がなくて素直な方だそうです。



また、役作りをするためにどんどん自分を追い込むところもあるそうです。



自己管理がしっかりできるからこそ、落ち着きと穏やかさが漂っているのでしょうね!



さらに『調和を大切にする羊』には



「そうした外向けの表情から窺うことができませんが、内面にはプライドの高さと強い自我が潜んでいる。評価や批判を恐れているので、めったに本音を出すことはしない。表現したものが否定されると激しく落ち込み、立ち直れなくなることも」



という一面もあります。



実際に藤原竜也さんには舞台「ハムレット」の公演で「絶対に失敗する」などと周りからプレッシャーをかけられ、円形脱毛症になってしまったというエピソードがあります。



ですが、結果的に「ハムレット」は大成功をおさめ、たくさんの賞を受賞しました!



持ち前の高い演技力でどんな困難も乗り越えることができる藤原竜也さんはまさに『調和を大切にする羊』でしょう。



トップへ戻る