動物占いには無い感覚!動物占術

伊達公子



■日本のプロテニスプレイヤーの女王ともいえる伊達公子さんを占ってみた

伊達公子さんは日本の女子テニスプレイヤーとして数々の記録を打ち立てています。
早すぎる引退に結婚、現役復帰、そして離婚と様々な話題がありますが、40歳を超えて世界で戦える実力を持つ「女王」の名にふさわしい方ではないでしょうか?

高校時代からインターハイでシングルス、ダブルス、団体戦の3つで優勝するなど、当時から異彩を放つ存在でした。
1989年にプロになり着々と実力を身に着け好成績を残すほどの活躍をしていましたが、1996年に引退しています。

その後、2008年に37歳の時に現役復帰を表明し再びコートに経ちました。
既に選手としてのピークは過ぎていたかもしれませんがそれでも好成績を残し続けました。

そんな伊達公子さんを動物占術で占ってみました。
生年月日は1970年9月28日で、中学時代は意外にもバレーボール部に在籍していました。

■小悪魔タイプのチーター

伊達公子さんの動物占術の結果は小悪魔タイプのチーターでした。
占い結果の中には
「明るくて一緒にいると楽しく過ごせます。ユーモアのセンスもあって、周りを笑わせてくれるでしょう。」
「ただ、浮き沈みが激しく感情の落差が大きいのが難点。」
とありました。

伊達公子さんは明るい女性ではありますが良くも悪くも自由な言動が多かったようです。
そのため、テニス協会や観客とトラブルになることもありました。

自分の失敗を喜ぶ相手の応援団にボールを打ち込んだり、自分のミスに対してため息ばかり付く観客に激昂したというエピソードもあります。

このようなことも絶頂期に引退を決意させた要因の1つかもしれません。
しかし、同じテニスプレイヤーの松岡修造さんもテニス観戦時はため息をしないように観客に禁止令を出したこともあるそうです。

■結婚生活に関して

動物占術には
「結婚後も仕事を続けるほうが夫婦生活が円満にいくようです。」
とありました。

2001年にミハエル・クルムさんと結婚し、クルム伊達公子さんとして現役に復帰し活躍されていましたが2016年に離婚されています。
結婚後も仕事(テニス)を続けましたが、上手くいかなかったようです。

しかし、伊達公子さんほどの選手であればテニスの世界で育成や指導面などで活躍もできるでしょうし、その経験や知識を活かしてタレントとしても活躍できそうな気がします。

どのような道を選ばれるかはわかりませんが、今後の活動に期待しています。

トップへ戻る