動物占いには無い感覚!動物占術

菊池桃子





■昔も今も愛され続けるアイドル!菊池桃子を動物占術で占いました。



1980年台に人気アイドルとして一世を風靡した以降、芸能界の第一線で活躍し続けている菊池桃子。1982年にスカウトがきっかけで芸能界入りし、1983年のラジオ番組「学園バラエティ パンツの穴」でデビューしました。また、アイドル雑誌「Momoko」のイメージガールに抜擢され、デビューシングル「青春のいじわる」で日本レコード大賞新人賞を受賞し、トップアイドルとして脚光を浴びました。さらに1985年の映画「テラ戦士BOY」で映画初主演を果たし、1987年のドラマ「恋はハイホー!」で連続ドラマ初主演を果たすなど、アイドルとしてだけでなく女優としても活躍していきました。私生活では1995年にプロゴルファーの西川哲と結婚し、二人のお子さんの母となりますが、2012年に離婚しました。2018年現在もさまざまな番組に出演し、大活躍しています。今回はそんな菊池桃子さんを動物占術で占いました。



■『人なつっこいコジカ』



動物占術で占った結果、菊池桃子さんは『人なつっこいコジカ』でした。『人なつっこいコジカ』は「人見知りで警戒心の強いタイプ。初対面では打ち解けず、親しくなるのにステップを踏みます。寂しがり屋で孤独に弱いため、ドキドキしながらも出会いの場に顔を出します。気が強そうに見えることもあるようですが、実は小心者。人の顔色が気になって、なかなか本心を明かせないのです。」という特徴をもつ動物です。



実際に菊池桃子さんはデビュー当時は芸能界デビューにあまり積極的ではなく、オーディションに落ち続けていた時期には「やめたい」と思っていた時期もあったそうです。また、菊池桃子さんの娘さんは赤ちゃんの頃に脳梗塞を発症してしまい、手足がしびれるという後遺症が残ってしまったそうですが、そのことを思い切って公表したというエピソードも有名ですよね。テレビ番組での話し方などを見ると、菊池桃子さんがおとなしい性格の方だというのはよくわかりますが、その一方で芯の強い女性でもあるということがよくわかるエピソードですよね!そんな菊池桃子さんはまさに『人なつっこいコジカ』ですね。



トップへ戻る