動物占いには無い感覚!動物占術

忌野清志郎



■日本を代表するロックスター!忌野清志郎さんを占ってみた。

8年前の今日、2009年5月2日。ある偉大なミュージシャンがこの世を去りました。
忌野清志郎、享年58。

忌野清志郎さんは、ロックバンド「RCサクセション」のフロントマンとして長きにわたって活躍しました。
日本が浮かれまくっていた1980年代――ユニークで一度聴いたら忘れられないメロディと歌声、そしてよくよく聴けば深いことを歌っている、と思わせる歌詞で時代に深くメスを入れるロックンロールを歌い続け、今でも多くの新しいファンを獲得しています。

そんな忌野清志郎さんを、今回は動物占術で占ってみました。
1951年4月2日生まれのキヨシローさん、どんな結果だったのでしょうか。

■気さくな社交家の猿

キヨシローさんの占い結果は、『気さくな社交家の猿』でした!

いくつになっても身軽にステージ上を駆け回りながら歌い、飾らない性格で多くのミュージシャン、俳優などと交流を持っていたというキヨシローさんの人柄を思うと、まさにピッタリのように思われますね。

さて、そんな『気さくな社交家の猿』ですが、占いを詳しく見てみると……
「持って生まれた独自の感性があります」
「年齢とともに運も実力も上がっていく、恵まれた運勢を持った人」
とのこと。

唯一無二の歌声と曲で音楽ファンを魅了し続け、生涯現役であり続けたキヨシローさんをバッチリ言い当てる結果だといえるでしょう。

■自分を信じたロックンローラーの一生!

キヨシローさんのスピリットを、占い結果は図らずも語ってくれています。
いわく、
「人の意見に従うのではなく、自分なりの感覚に沿って生きるとき幸運を掴み成功をおさめます」

《社会の流れはあっちを向いているけれど、俺たちはホントはこっちを向くべきだ!》
そんな信念をもっていたキヨシローさん。時には世の中を鋭くストレートに皮肉りつつバリバリのロックンロールを響かせました。
キヨシローさんなりの感覚で世の中を見て歌詞を書き、メロディを書き、激しく叩きつけるように演奏した曲の数々……そしてそんな彼の曲を多くの人が愛したからこそ、今でもそのメロディは街中で、ラジオで、ふと流れてくるのです。今もなお、『気さくな社交家の猿』のキヨシローさんは成功をおさめ続けているのです。
トップへ戻る