動物占いには無い感覚!動物占術

木下ほうか









■笑いのセンス抜群の人気俳優!木下ほうかを動物占術で占いました!



さまざまなドラマや映画に出演している木下ほうか。1980年に映画「ガキ帝国」のオーディションに合格し、俳優デビューを果たしました。大学卒業後は吉本興業大阪本社に入社し、吉本新喜劇の座員として活動していました。



吉本新喜劇退団後はさまざまな人気作品に出演し、2014年にはドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」、2016年には「ラヴソング」に出演するなど、人気俳優として活躍しています。



また、バラエティ番組「痛快TV スカッとジャパン」のイヤミ課長シリーズでのイヤな上司役の演技が話題となり、知名度が上がりました。



さらに木下ほうかさんのトークのうまさが話題となり、ドラマや映画だけでなく「ダウンタウンDX」や「有吉反省会」といったバラエティ番組にも出演するなど大活躍しています。



今回はそんな木下ほうかさんを動物占術で占いました。



■『夢見る野心家のサル』



動物占術で占った結果、木下ほうかさんは『夢見る野心家のサル』でした。



『夢見る野心家のサル』は「物事をプラスにポジティブに捉える天才。どんな状況でも前向きキープで、明るさを失わずにいられます。大きな夢と将来ビジョンに向かって前進する人です。旺盛な好奇心と知的欲求が強いため何でもやってみよう、試してみようとします。たとえ失敗しても挑戦を繰り返し、最後には夢を叶えることができるタイプ」という特徴をもつ動物です。



人気若手俳優の斎藤工さんは、木下ほうかさんの若い頃から長い下積み時代を経て今もなお活躍し続ける姿が格好いいと尊敬しているそうです。



木下ほうかさんが前向きをキープし続けることができるからこそ、辛い下積み時代を乗り越えることができたのでしょうね!



さらに『夢見る野心家のサル』には「感性が豊かで発想力に優れています。人が思いつかないアイディアをひらめいたり、インスピレーションで素晴らしい計画を立てることも。現実離れしたことを語っていても、一方では合理的思考が働いているのでバランスの良い動きがとれるのも特徴。はてしない理想だけを追って、行動のともなわない夢想家ではないのです」という特徴をもつ動物でもあります。



実際に木下ほうかさんは映画の撮影がトラブルによりロケ地の地域の方々に迷惑をかけてしまった際には、撮影陣を代表して謝罪したそうです。



自分のミスでもないのに、しかも実力のある人気俳優であるのにもかかわらず映画の代表者として頭を下げることができる木下ほうかさんはとても重宝される存在になりそうですね!そんな木下ほうかさんはまさに『夢見る野心家のサル』でしょう。





トップへ戻る