動物占いには無い感覚!動物占術

金城一紀



■最近は脚本家としても活躍中!『GO』の金城一紀さんを占ってみた。

2000年、ミレニアムの年に現在でも多くの青少年に愛される青春小説『GO』を発表、直木賞を受賞して一躍有名作家となった金城一紀さん。
窪塚洋介さん主演で映画化された作品も大ヒットを記録しました。
その後、小説家としてはどちらかといえば「寡作」で作品数はあまり多くありませんが、最近ではテレビドラマの脚本家としても活躍しています。昨日、6月13日に最終回を迎えた『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』は骨太な刑事サスペンスとしてヒットしました。

さて、今回はそんな金城一紀さんを動物占術で占ってみました。
1968年10月29日生まれの金城一紀さん、占い結果はどのようなものになっているのでしょうか?

■夢見る野心家のサル

金城一紀さんの占い結果は、『夢見る野心家のサル』でした!

『夢見る野心家のサル』は、「物事をプラスにポジティブに捉える天才」であり、「どんな状況でも前向きキープで、明るさを失わずにいられます」というプラス思考の人。
「大きな夢と将来ビジョンに向かって前進する人」でもあり、「旺盛な好奇心と知的欲求が強いため何でもやってみよう、試してみようとします」。

金城一紀さんの場合、小説家を志したのは20歳前後のことだったといいますが、「まだ早い」と考えて数年間は「修業期間」にあてていたそうで、国内外の小説を読み、映画を観て音楽を聴いて……あらゆる分野の芸術に触れて試行錯誤を繰り返し、諦めずに頑張って勉強を続けた、という経緯を持っています。
『夢見る野心家のサル』ならではの好奇心の旺盛さ、プラス思考が、その「修業期間」を乗り切らせたのだ、といえるでしょう。

■まさに個人プレイヤーの小説家・脚本家にピッタリの人!

『夢見る野心家のサル』には、「オープンで気さくな雰囲気から交友が広そうに見えますが、心を許せる真の友は少ないほう」という面もあり、「警戒心が強いのでなかなか本心を見せ」ない、とされています。「組織で動くよりも、個人プレーに適しているでしょう」という文言も、占い結果の中には見られます。
この占い結果を見ると、まさしく金城一紀さんは個人プレイヤーの「小説家」、そして映像作品に携わる人たちの中でもひとりで担当する「脚本家」という仕事にピッタリな人である、といえるでしょう!
トップへ戻る