動物占いには無い感覚!動物占術

児嶋一哉









■いじられキャラ代表!お笑い芸人:児嶋一哉を占ってみた 



佐々木希の旦那さんこと渡部建さんとお笑いコンビ「アンジャッシュ」を組んでいて、テレビでは「いじられキャラ」を確立している児嶋一哉。



1993年にピン芸人としてデビューし、その後1994年に高校の同級生だった渡部建さんとお笑いコンビ「アンジャッシュ」を結成しました。



アンジャッシュは1990年半ばに「ボキャブラ天国」シリーズに出演して注目を集め、1997年には「OWARAIゴールドラッシュ2」で優勝するなど、お笑いコンビとして順風満帆な道を歩んできました。



さらに「アンジャッシュ」として2003年に「爆笑オンエアバトル」で優勝した後は、テレビでの露出も増え「エンタの神様」や「アッコにおまかせ」などの人気番組にも出演しました。



2017年現在も、「踊る!さんま御殿!!」や「アメトーーク!」といった人気番組に出演するなど、さまざまな番組から引っ張りだこの児嶋一哉さん。



今回はそんな児嶋一哉さんを動物占術で占ってみました!



■『親しみやすい円満コアラ』



動物占術で占った結果、児嶋一哉さんは『親しみやすい円満コアラ』でした。



『親しみやすい円満コアラ』には



「自然と人を引き付ける親近感がある。安定感があり温和なムードが人に安心感を与える。人格者といった風貌だが、目線がフラットで気さくに接するのも人間的な魅力になっている。品格があり教養のある人が多い」



という特徴があります。



実際に、番組内で共演者が「おおしまさん?」などと違う名前で言った後に児嶋一哉さんが「コジマだよ!!」とツッコむことで場がなごむことも多いですよね。



そのため、他の芸人さんからも評判がよく、児嶋一哉さんとの共演を熱望する芸人さんも多いようです。



また、児嶋一哉さんは意外にも明石家さんまさんやとんねるずの石橋貴明さんなどの大御所の芸人から非常にかわいがられていて、仕事終わりや休日を共に過ごすほどの仲だそうです。



さらに『親しみやすい円満コアラ』には



「ゆったり構えているが、鋭く周囲を観察している。言動の裏の裏を読む癖があり、容易には人を信じない」



という特徴もあります。



児嶋一哉さんにはレタスとキャベツの区別がつかないという味覚オンチな一面もありますが、実はプロ雀士の資格を持っています。



そのため、センスがないわけではなく、高い洞察力や推理力をもっているため、人間関係においてもその力を発揮することができるのだと思います。



■児嶋一哉は器が大きい?!



『親しみやすい円満コアラ』には



「些末なことを気にしない器量の大きさがあるため、目先に囚われず、長期的な展望をもとに動く」



という一面があります。いじられキャラとして自分の居場所を確立し、色々な番組で活躍できている裏には、児嶋一哉さんが長期的な視線で物事を見る力をもっていて、尚且つ心が広いという背景があるに違いないですね!
トップへ戻る