動物占いには無い感覚!動物占術

山本耕史



■ドラマや舞台で活躍中!堀北真希さんのダンナ!山本耕史さんを占ってみた。

芸能ニュース好きの人たちの間では「堀北真希さんのダンナ」として知られますが、舞台やドラマをよく見る人からは実力派の俳優として――特にミュージカル劇では抜群の歌唱センスと演技センスを発揮する天才的な俳優として知られている山本耕史さん。
2004年のNHK大河ドラマ『新選組!』の土方歳三役を機に大ブレイクを果たしましたが、それ以前から目の肥えたドラマ、演劇ファンからは“うまい役者”として認知されていました。

今回は、そんな山本耕史さんを動物占術で占ってみました。

1976年10月31日生まれの山本耕史さん、占いの結果はどのようなものになっているのでしょうか?

■ファンタジー界の黒ヒョウ

山本耕史さんの占い結果は、『ファンタジー界の黒ヒョウ』でした!

『ファンタジー界の黒ヒョウ』は、「ソフトな印象で物腰もやわらか」な人で、ふんわりした印象を他人に与えますが、「とはいえ頭の回転は速く、人への気遣いを見せます」という人でもあります。
「クールな感じがしますが、実は人情味に溢れる優しい人」という一面も持ち合わせています。

と、こうして占い結果を見てみると、確かに山本耕史さんには『ファンタジー界の黒ヒョウ』的な一面があることがわかります。
たとえば、2004年の『新選組!』で演じた土方歳三という人物は、新選組の局長・近藤勇を陰になり日向になり支え、尽くした人物でしたが、山本耕史さんも「局長役」の香取慎吾さんが演技に集中できるよう、その力をしっかり出しきれるよう、現場では陰になり日向になり、サポートを惜しまなかった……とのエピソードがあります。
まさしく、「人への気遣い」がハンパなく、「人情味に溢れる」人なのです。

■才能豊かな俳優として……!

『ファンタジー界の黒ヒョウ』は、芸術的な仕事に向いている人。

占い結果にも、「仕事ではファンタジックな独特の感性と芸術的才能が高く評価されます」という文言があり、「タイミングと環境がうまく整えば、天才的なインスピレーションで歴史に残る偉業を成すでしょう」と予言されています。

舞台やドラマで“演技巧者”として知られる山本耕史さんは、その意味でもまさしく『ファンタジー界の黒ヒョウ』。
今まさに「独特の感性と芸術的才能が高く評価され」ている真っ最中であり、「歴史に残る偉業」をなしつつあるのです!
トップへ戻る