動物占いには無い感覚!動物占術

小峠英二









■バラエティ番組で大活躍!小峠英二を占いました!



さまざまなバラエティ番組に引っ張りだこの小峠英二。



さまざまなドッキリに引っかかる「ドッキリ王」としても有名ですよね。



1996年に相方の西村瑞樹さんとお笑いコンビ「バイきんぐ」を結成し、2008年と2011年にコントのコンテスト大会である「キングオブコント」で準決勝に進出しました。



今では「なんて日だ!」「パナマどこよ!」といった複数のギャグを持っています。



そしてついに「バイきんぐ」は2012年に「キングオブコント」で5代目チャンピオンに輝き、活躍の場を広げていきました。



「キングオブコント」で優勝後はメディア露出が増え、小峠英二さんがピンでバラエティ番組に出演しているのをテレビで見かけることも多くなってきました。



2017年現在もバラエティ番組「有田ジェネレーション」「水曜日のダウンタウン」などに出演し、大活躍し続けています。



今回はそんな大人気の小峠英二さんを動物占術で占いました!



■『リアリストの羊』



動物占術で占った結果、小峠英二さんは『リアリストの羊』でした。



『リアリストの羊』は



「常識的でモラルを重視する、紳士。品行方正で気配りの利くタイプ。現実主義で突飛なことをする心配がなく、安定感のある人。相手のしてほしいことを察知して、親切や思いやりを見せる。敵を作ることがなく、そつのない振る舞いが穏やかな人間関係を育む」



という特徴を持つ動物です。



実際に小峠英二さんのキレのあるツッコミは大人気で、返しのうまさやツッコミのうまさに定評があります。



それはきっと小峠英二さんに『リアリストの羊』としての相手のしてほしいことを察知できる能力があるからでしょうね!



さらに、小峠英二さんは真面目で親しみやすい方だそうです。



小峠英二さんは16年間もの間下積みを続けていて、「バイきんぐ」もなかなか事務所が決まらず芸能事務所を転々としたりフリーで活躍していた時期もあったそうです。



小峠英二さんの真面目さの裏には地道にコツコツ努力を続けてきたという背景もあるに違いません。



そんな小峠英二さんはまさに『リアリストの羊』といえるでしょう。



■小峠英二は名を残す?!



『リアリストの羊』には



「時代の先を読んだり、情報収集する能力があるためチャンスをものにすれば事業家・創業者として名を残せる」という特徴もあります。



現在もさまざまなテレビ番組に引っ張りだこで時代を超えて名を残しつつある小峠英二さんですが、今後もどんどん活躍していきそうですね!



トップへ戻る