動物占いには無い感覚!動物占術

高良健吾









■イケメン俳優!高良健吾を動物占術で占いました!



さまざまなドラマや映画に出演している高良健吾。高校卒業後に芸能界に入り、2005年のドラマ「ごくせん」で俳優デビューを果たしました。



2008年の映画「蛇にピアス」では顔に15個のピアスをしている青年の役を演じ、話題になりました。



2009年には映画「南極料理人」、2010年には映画「ソラニン」や「ノルウェイの森」などの話題作にも出演しました。



さらに2012年には映画「軽蔑」で「第26回高崎映画祭最優秀主演男優賞」、「第35回日本アカデミー賞新人俳優賞」など数々の賞を受賞し、人気実力派俳優の仲間入りを果たしました。



2016年にはNHK連続テレビ小説「べっぴんさん」にレギュラー出演するなど、現在も人気俳優として活躍し続けています。



今回はそんな高良健吾さんを動物占術で占いました!



■『ボランティア系愛されタヌキ』



動物占術で占った結果、高良健吾さんは『ボランティア系愛されタヌキ』でした。



『ボランティア系愛されタヌキ』は



「飾り気がなくナチュラルに見えますが、実は変幻自在に化けることもできる合わせ上手。相手に合わせて相槌したり、距離感をはかったり、楽しくていい気分にさせるのが得意技でもあります。」



という特徴をもつ動物です。



高良健吾さんといえば、比較的どんな役でも演じきる実力派俳優ですよね!また、高良健吾さんは優しくて真面目で、撮影現場でも場を和ませるムードメーカー的な役割を果たしているそうです。



さらに『ボランティア系愛されタヌキ』には



「忍耐力があって責任感も強いほうなので、自分の役目が与えられたら最後まで粘ってやり遂げようとします。仲間からは信頼され、人間関係を大事にすることでさらに大きな成功を手にする人生を送れるでしょう」



実際に高良健吾さんは映画「南極料理人」の撮影でアフレコをわざわざ極寒の地でしかも裸で行ったというとんでもエピソードがあります。



高良健吾さん曰く「極寒の地である南極でのシーンだから、少しでも南極らしい雰囲気を出したかった」とのことでしたが、仕事に対する熱意がとてもある方なんですね!



そんな高良健吾さんはまさに『ボランティア系愛されタヌキ』でしょう。



■高良健吾はやっぱりいい人?『ボランティア系愛されタヌキ』は



「誠実で真面目な性格がそのまま控えめな態度に出ています。腰が低く、物腰が柔らかいので敵を作ることがなく、どこでも愛されるポジションにおさまっています」という特徴をもつ動物でもあります。



性格もよくて演技力も高い高良健吾さんはこれからも重宝される存在であり続けるでしょうね!



トップへ戻る