動物占いには無い感覚!動物占術

栗山千明









■話題の女優!栗山千明を動物占術で占いました!



さまざまな映画やドラマに出演している栗山千明。



1989年に5才で芸能界デビューを果たし、ティーン向けファッショ雑誌「ピチレモン」や「ニコラ」などの人気ファッション雑誌でモデルとして活躍し始めました。



1997年にはモデルから女優に転身し、1999年にホラー映画「死国」で女優デビューを果たしました。



2000年に公開された映画「バトル・ロワイアル」での演技力が認められ、2003年に映画「キル・ビル vol1」に出演し、海外の映画初主演を果たしました。



「キル・ビル vol1」での栗山千明さんの演技は反響を呼び、「The MTV Movie Awards 2004」で「Best Fight賞」を受賞。



海外からも一目置かれる女優となりました。



2013年んいはドラマ「ATARU」で演じた蛯名舞子役で月刊テレビ情報誌「TVnavi」の読者たちから評価され「ドラマ・オブ・ザ・イヤー2012」の最優秀助演女優賞を受賞し、女優として確固たる地位を確立していきました。



今回はそんな実力派女優の栗山千明さんを動物占術で占いました!



■『気配りのきく羊』



動物占術で占った結果、栗山千明さんは『気配りのきく羊』でした。



『気配りのきく羊』は



「変幻自在に自分を変えることのできる器用さがある。基本的には控えめで穏やかで周りとの和を大切にする。独特の小悪魔的な魅力があり、引き付けられる男性は少なくない」



という特徴をもつ動物です。



栗山千明さんといえば、シリアスからコメディまでこなすことのできる高い演技力を持っていますよね。



さまざまなキャラクターを演じることができる裏には『気配りのきく羊』としての変幻自在に自分を変えることのできる器用さがあるからと考えることもできますよね!



また『気配りのきく羊』には、必要以上に周囲に気遣いしストレスを溜めてしまうという一面もあります。



栗山千明さんは小悪魔オーラがあり、一見キツく見えてしまうこともありますが、とても緊張しやすく、胃薬を持ち歩かないと不安になってしまうくらい緊張してしまうそうです。



ギャップがあり、持ち前の器用さで実力派女優に成長していった栗山千明さんはまさに『気配りのきく羊』ですね!



■栗山千明の気になる今後は?



『気配りのきく羊』は



「広くて客観的な視点と高い情報収集力が強み。仕事でそれらが発揮できれば、業績を上げ高い評価を得る。ボランティア志向が強いため、社会貢献につながる領域でやり甲斐と生き甲斐の双方を満たす」



という特徴を持つ動物でもあります。



栗山千明さんが今後日本を代表する女優へと成長していくことを願っています!



トップへ戻る