動物占いには無い感覚!動物占術

草なぎ剛









■新たな第一歩!草なぎ剛さんを動物占術で占いました。



現在も日本の芸能界のトップとして活躍し続けている草なぎ剛。



1987年にジャニーズ事務所に入所し。1988年に元国民的アイドルグループ「SMAP」のメンバーに選ばれました。



1997年に草なぎ剛さんが主演をつとめたドラマ「いいひと。」では全話の平均視聴率が20%を超えるという異例の快挙をとげました。



さらに「いいひと。」での演技が評価され、「ドラマアカデミー賞」の「主演男優賞」を獲得しました。



その後もドラマ「任侠ヘルパー」やTBS開局60周年・終戦65年記念の主演ドラマ「99年の愛〜JAPANESE AMERICANS〜」などで高い演技力が評価され、たくさんの賞を受賞していきました。



2016年に「SMAP」が解散したあとは、テレビで見かける機会が減ってしまいましたが、2017年9月にジャニーズ事務所を去った後、元SMAPのメンバーの香取慎吾さん、稲垣吾郎さんと共に本格的に芸能活動を再開。



新事務所に所属することも決まり、TwitterなどのSNSを始めたり、Youtuberとしても活動をしていくことを明らかにしました。



今回はいま最注目されている草なぎ剛さんを動物占術で占いました。



■『小悪魔タイプのチーター』



動物占術で占った結果、草なぎ剛さんは『小悪魔タイプのチーター』でした。



『小悪魔タイプのチーター』は



「人当たりが良くフレンドリーな男性。初対面の印象は上々で、誰からも好評価を得る。話術が巧みで、会話がテンポよく進む。相手のリアクションを見たり心理を読んでから対応を変える。一緒にいる人が心地よい雰囲気になるよう七変化するトリックスター的なタレントのある人」



という特徴をもつ動物です。



草なぎ剛さんといえば、「SMAP」時代には番組に出演していたさまざまなゲストや共演者の方々とフレンドリーに会話をしている場面を見ることが多かったですよね。



トークが上手なので、共演者を笑いの渦に巻き込むこともしばしばでした。



草なぎ剛さんがデビュー以来たくさんの人に愛されてきたのは、『小悪魔タイプのチーター』としてのトリックスター的なタレントな一面があるからとも考えられますよね!



そんな草なぎ剛さんはまさに『小悪魔タイプのチーター』といえるでしょう。



■草なぎ剛はセンスがある?



『小悪魔タイプのチーター』は



「ビジネスでは持ち前の先見性やインスピレーションを発揮して成功する。目標達成のために必要なステップを踏み、成功率の高い計画に基づいて行動できる能力もある。適切なゴール設定さえできれば、ずば抜けた集中力と実行力で障害さえも突破する」



という特徴をもつ動物でもあります。



先日再スタートをしたばかりの草なぎ剛さんですが、これからも草なぎ剛さんが芸能界の第一線を走り続けていく姿を見ていきたいですね!



トップへ戻る