動物占いには無い感覚!動物占術

松たか子









■日本を代表する女優!松たか子を動物占術で占いました!



たくさんのドラマや映画に出演している松たか子。九代目松本幸四郎の娘として生まれ、1993年に歌舞伎座の「人情噺文七元結」で初舞台を踏みデビューしました。



翌年1994年にはNHK大河ドラマ「花の乱」でテレビドラマ初出演を果たしました。



1996年の大人気ドラマ「ロングバケーション」や1997年のドラマ「ラビジェネレーション」、2001年の人気ドラマ「HERO」に出演し、知名度をあげていきました。



1997年には歌手デビューも果たし、同年末の「第48回紅白歌合戦」に出場するなど、歌手としても活躍していきました。



2014年にはディズニー映画「アナと雪の女王」で日本語吹き替え版のエルサ役と劇中歌「レット・イット・ゴー」を担当し、大きな話題となりました。



2017年現在もドラマ「カルテット」で主演をつとめるなど、精力的に活動しています。



今回はそんな松たか子さんを動物占術で占いました!





■『調和を大切にする羊』



動物占術で占った結果、松たか子さんは『調和を大切にする羊』でした。



『調和を大切にする羊』は「まわりの状況をよく観察し、人を見る目もあります。細やかな気配りと周囲との絶妙な協調性が高評価を得る人です。人見知りせずにオープンな態度で接するのも特徴」という性格の動物です。



実際に松たか子さんは家柄もよく、大物女優であるのにもかかわらず謙虚で真面目な性格の方だそうです。



また、撮影現場などでは早めに現場入りするなど仕事をきちっとこなすだけでなくスタッフらへの配慮もできる方であるため、業界人からの人望が熱いそうです。





また、『調和を大切にする羊』には「愛嬌があって可愛い雰囲気のする人が多いでしょう。



ですが柔らかい風貌と違って、芯が強く勝ち気な面もあります。親しくなると意外なところで頑固さを見せたり、意見を譲らない意固地さが垣間見えることも」という一面もあります。



松たか子さんはディズニー映画「アナと雪の女王」の劇中歌「レット・イット・ゴー」をテレビで歌うことが一切なかったため、一部からは批判の声があがりましたが、松たか子さんは「レット・イット・ゴー」は同映画の日本語版のエンディングを担当したMay Jさんの曲だと考えていたそうで、May Jさんのことを気遣いテレビでは歌わないというスタンスをとったと考えることもできますよね。



松たか子さんほどの大物芸能人であるなら、数々の歌番組からオファーがきていたと思いますが、それでもテレビで「レット・イット・ゴー」を歌わないという姿勢を崩さなかった松たか子さんはまさに『調和を大切にする羊』といえるでしょう。





トップへ戻る