動物占いには無い感覚!動物占術

松山ケンイチ









■イケメン実力派俳優!松山ケンイチを占ってみた



高い演技力でさまざまなドラマや映画に引っ張りだこの松山ケンイチ。



2001年にホリプロ男性オーディション「New Style Audition」でグランプリを勝ち取り、芸能界デビューを果たしました。



2002年に人気ドラマ「ごくせん」で俳優デビューし、2004年には映画「ウイニング・パス」で映画初主演をはたしました。



2006年の映画「デスノート」「デスノート the Last name」でL役を演じたことで知名度をあげ、2008年に映画「デトロイト・メタル・シティ」で主演のヨハネ・クラウザー二世役を演じ、大ブレイクしました。



その後も2009年にドラマ「銭ゲバ」、2010年には映画「ノルウェイの森」で主演を演じるなど、大活躍していきました。



私生活では2011年に女優の小雪と結婚。



現在は3人のお子さんのパパとなり、芸能活動と育児に忙しい毎日を送っています。



今回はそんな松山ケンイチさんを動物占術で占いました!



■『面倒見のいいサル』



動物占術で占った結果、松山ケンイチさんは『面倒見のいいサル』でした。



『面倒見のいいサル』は



「ビジネスでは高い能力を発揮して、結果を出していく。冷静な分析力と迅速な行動力があわさって、実績を積んでいく。事業のビジョンを描いたり、思いを形にする才能があり、付加価値を付けたビジネスで成功する。また、芸術やアカデミックな方面で眠っている能力が開花する可能性がある。好きなこと、興味関心のあるジャンルを掘り下げると思わぬ金脈に出会うかもしれない」



という特徴を持つ動物です。



松山ケンイチさんは演技に対する努力を決して怠らず、演技と真摯に向かい合うという一面があるそうです。



松山ケンイチさんのたゆまぬ努力と才能があったからこそ「カメレオン俳優」と呼ばれるほどの高い演技力を手に入れることができたのでしょう。



芸能界という誰しもが成功できるわけではない場所で成功している松山ケンイチさんはまさに『面倒見のいいサル』といえるでしょう。



■メンタル面で課題がある?



基本的には敵を作らず、気遣いも完璧であるため周りの人々に愛されやすい『面倒見のいいサル』ですが



「内面よりも外の世界に重心が置かれやすい。他人優先で、セルフケアが不十分になりがち。いつのまにかストレスを抱えて、心身が弱ったりする」



という特徴もあります。



自分の感情とうまく向き合いながら適度に心をゆるめることが課題となりそうです。



今後も映画やドラマなどで色々な松山ケンイチさんを見たいですね!



トップへ戻る