動物占いには無い感覚!動物占術

三浦春馬









■人気実力派俳優!三浦春馬を動物占術で占いました!



高い演技力と甘いマスクでたくさんの人々を魅了している三浦春馬。



1997年にNHK連続テレビ小説「あぐり」で子役として芸能界デビューを果たしました。



2006年に映画「キャッチ・ア・ウェーブ」で映画初主演を果たし、同年のドラマ「14歳の母」での演技が話題となり注目を浴びました。



さらに翌年2007年には映画「恋空」で「第31回日本アカデミー賞 新人俳優賞」を受賞。



人気俳優の座を手にしました。



その後もドラマ「ブラッディ・マンデイ」で連続ドラマ初主演を果たし、2009年にはドラマ「サムライ・ハイスクール」と「ブラッディ・マンデイ season2」と2クール続けて連続ドラマで主演をつとめ、話題となりました。



2014年にはドラマ「僕のいた時間」で主演をつとめ、「第51回ギャラクシー賞個人賞」を受賞し、日本を代表する若手俳優として活躍し続けています。



2017年現在も大河ドラマ「おんな城主 直虎」やドラマ「オトナ高校」に出演するなど、芸能界の第一線を走り続けています。



今回はそんな大人気の三浦春馬さんを動物占術で占いました。



■『サッパリした独立系ゾウ』



動物占術で占った結果、三浦春馬さんは『サッパリした独立系ゾウ』でした。



『サッパリした独立系ゾウ』は



「度量が大きく、穏やかな人格者。ですが、内に秘めたプライドと競争心が時折り見え隠れする。ライバル登場時には、負けん気を発揮して実力以上の結果を出すことも。仕事では常に最高、完璧を目指し努力を惜しまない。プロ意識が高いので、期待以上の結果を出そうと全力を尽くす」



という特徴をもつ動物です。



実際に三浦春馬さんは緊張している共演者の方をリードしたり、緊張をほぐすために話しかけたりするなど、頼れる一面があるそうです。



芸歴が長い三浦春馬さんにサポートしてもらえるととても安心感がありそうですよね!



さらに三浦春馬さんは共演者だけでなく、現場のスタッフにも優しく、ADさんを気遣ったり決して横暴な態度をとらないなど、礼儀正しい方でもあるそうです。



穏やかかつ真面目でプロ意識の高い三浦春馬さんはまさに『サッパリした独立系ゾウ』ですね。



■三浦春馬は団体行動が苦手?!



『サッパリした独立系ゾウ』は



「個人プレーが得意で団体行動はハンディキャップに。自分の主義主張に沿って、自由に動ける環境が一番適している。とはいうものの、他者との連携や協力がなければ人生の選択肢が狭まるのも事実」



という特徴をもつ動物でもあります。



必要に応じて周囲と手を結び、サポートを得ることが鍵となりそうです。



トップへ戻る