動物占いには無い感覚!動物占術

タモリ









■日本を代表する司会者・タレント!タモリを動物占術で占いました!



日本で知らない人がいないといっても過言ではないほど老若男女問わずさまざまな世代から愛されているタモリ。



1976年に深夜番組「空飛ぶモンティ・パイソン」で本格的に芸能界入りしました。



イグアナなような体芸やデタラメ言語ハナモゲラなど一風変わった芸風が話題となり、注目度が高まりました。



1982年には帯バラエティ番組「笑っていいとも!」が放送され、2014年に放送終了するまで人気を博し続けました。



さらに同年、深夜バラエティ番組「タモリ倶楽部」が放送開始となりました。



「タモリ倶楽部」は30年以上続く長寿番組となり、「タモリ倶楽部」はも多くの人々に愛されている番組となっています。



その他にも大人気音楽番組「NHK紅白歌合戦」や「ミュージックステーション」で司会者をつとめるなど、マルチに活躍しています。



2014年には「生放送バラエティー番組 単独司会最多記録」としてギネス記録に認定されるなど、他のも数々の賞を受賞しています。



今回はそんなタモリさんを動物占術で占いました!



■『正統派貴族系のトラ』



動物占術で占った結果、タモリさんは『正統派貴族系のトラ』でした。



『正統派貴族系のトラ』は



「高貴な雰囲気と気さくさが入り混じる、個性的な紳士。誠実で、正直な生き様は好感を呼ぶ。外見はスタイリッシュで独特のファッションセンスが魅力。プライドが高いので、見栄っ張りな面がありますが自尊心の高さに合わせた品格ある振る舞いがとれる人。言葉に自信があり、有言実行するタイプ。周囲からは信頼を集め、頼りにして慕ってくる人も多い」



という特徴をもつ動物です。



実際にタモリさんはガツガツ感をあまり表に出さないなど、好感度を全く意識しないなどその正直な生き方を尊敬するファンや芸能関係者は多いですよね。



また、タモリさんはさっぱりとした人だそうで、ネチネチ感がほとんど感じられないそうです。



いつでも自然体でいることができて、たくさんの人に慕われているタモリさんはまさに『正統派貴族系のトラ』ですね。



■タモリはリアリスト?



『正統派貴族系のトラ』は



「リアリストで現実をシビアに観察する。義理人情に厚い人ではありますが、大事なタイミングで情に流されたりはしない。中年以降は目下の人や後輩を思いやり、人格者として尊敬される立場に」



という特徴のある動物でもあります。



芸能界デビュー以来、芸能界の第一線を走り続けているタモリさんですが、これからもタモリさんの人気が途絶えることはないですね!



トップへ戻る