動物占いには無い感覚!動物占術

津川雅彦



■映画やドラマに欠かせない重鎮!津川雅彦さんを占ってみた。

時代劇から現代劇まで幅広くこなす日本演劇界の重鎮である津川雅彦さん。映画やテレビでは重厚感のある演技で存在感を示し、若い人の間にもファンが多い俳優さんです。今回は、そんな津川雅彦さんを動物占術で占ってみました。

1940年1月2日生まれの津川雅彦さん。どんな占い結果になるのでしょうか?

ちなみに、津川さんは「日本映画界の父」と呼ばれ、明治・大正期に数々の名作を世に送り出した牧野省三さんの子孫にあたり、映画監督をつとめることもあります。
その際は、「マキノ雅彦」の名でメガホンをとっています。

■洗練された変身タヌキ

津川雅彦さんの占い結果は、『洗練された変身タヌキ』でした!
『洗練された変身タヌキ』は、「信頼できて頼りになる存在として一目置かれます」。
「年を重ね経験を積むほど、人格が成熟し、成熟度にあった地位や豊かさを引き寄せることに」という人です。
若い頃は二枚目の映画スターとして活躍した津川雅彦さんは、年齢を重ねてからも第一線で活躍。
円熟の演技には定評があり、たとえば2000年のNHK大河ドラマ『葵 ~徳川三代』では大河ドラマ史上最高齢の主人公・徳川家康を演じました。
自分のポジションを確実につかみ、現在も活躍しているのです。

また、『洗練された変身タヌキ』は、「苦労してもクヨクヨせず、いつも前向き」というのが特徴です。
若い頃、女性問題などでちょっぴり苦労したこともある津川さんですが、それまでの役柄とは180度違った狡猾な悪役を時代劇『必殺仕事人』で演じてカムバック。
『洗練された変身タヌキ』らしく、しっかり前向きに、芸能界で成功しているのです。

■監督としての手腕も一級!

「日本映画界の父」牧野省三さんの子孫として、映画監督としても活躍している津川さん。
その仕事ぶりは細やかで、完成する映画は古き良き楽しさに満ちた作品となっています。
「気配り目配りができるタイプなので、リーダーとなれば能力を発揮し皆の期待にも応えられるはず」という『洗練された変身タヌキ』の資質をしっかり活かしているといえるでしょう。
トップへ戻る