動物占いには無い感覚!動物占術

湯浅政明



■独特の世界観が魅力!アニメ作家・湯浅政明さんを占ってみた。

本日はお昼に薬師丸ひろ子さんを占ってみたので、夜はロックバンド「相対性理論」のやくしまるえつこさんを占ってみようと思ったのですが、やっぱり「やくしまる」が並ぶと混乱しちゃうかもしれないので、1回、別の方をはさみましょう!

やくしまるえつこさんがエンディングテーマを歌ったアニメーション番組『四畳半神話大系』の監督をつとめた、アニメ作家の湯浅政明さんです。

最近では人気マンガで実写映画にもなった『ピンポン』を見事にテレビアニメ化し、今年は『四畳半神話大系』と同じ原作者(森見登美彦さん)の小説をもとにした映画『夜は短し歩けよ乙女』も後悔されて話題になりました。

唯一無二の独特のアニメ世界が、国内外で高く評価されています。

さて、1965年3月16日生まれの湯浅政明さん……動物占術では、どんな占い結果が出るのでしょうか?

■コミュニティの中心になるトラ

湯浅監督の占い結果は、『コミュニティの中心になるトラ』でした!
まさに、作品づくりの中心に立つ監督という仕事にはピッタリの占い結果と言えるでしょう。

『コミュニティの中心になるトラ』は、
「どっしりと構えていて物怖じしない自信家」
「強くてしっかりした自我が軸となって、ブレない生き方をします」
という人物。

作品を見ていれば、それはヒシヒシと感じられるでしょう。
縦横無尽に、自由自在に夢のようなイマジネーションで描かれるアニメの世界……おそらく物わかりのよくないプロデューサーとかに「もっとわかりやすいの作ってよ」と言われたこともあるであろう、湯浅監督ですが、自分のスタイルをあくまで貫いています。

■「監督」としては理想的な人物!

「確実に結果を出すことが求められるジャンルで能力が活かされるでしょう」
テレビアニメという、視聴率がすべてを決める世界でヒット作を飛ばしている湯浅政明監督。単なる独りよがりの「ゲージュツ家」ではなく、しっかりと結果を出す作家として成功しています。

「組織が大きくなるほど、本領をあますことなく発揮しリーダーとしての地位を固めていきます」
名声が高まるにつれて、おそらく作品の規模とか製作費とかもどんどん高くなっていくでしょうが、『コミュニティの中心になるトラ』なので、大丈夫なのです!
トップへ戻る