動物占いには無い感覚!動物占術

又吉直樹



■お笑いタレントとしてよりも小説家として脚光を浴びた「又吉直樹」さんを占ってみた

又吉直樹さんは相方に綾部祐二さんを持つお笑いコンビ「ピース」でバラエティを中心に活躍していましたが、自らが執筆した「火花」が芥川賞を受賞することで一気に作家としての知名度が上がりました。

もともと読書が趣味で3000冊以上の本を持っていることでも知られています。
他にも活字が踊りだす夢を見るほどの活字好き、読書好きとのことです。

その後はニュースキャスターとして「NEWS ZERO」にも出演し、活躍の場を広げています。
そんな又吉直樹さんのことを動物占術で占ってみましょう。

生年月日は1980年6月2日で、学生時代はサッカーに打ち込み高校の時にはインターハイに出場するという成績を残しています。

■明るいムードメーカーのトラ

又吉直樹さんの動物占術の結果は明るいムードメーカーのトラでした。

占いの詳細には
「近寄りがたいオーラがありますが、実のところ温和で穏やかな人格者です。」
「愛で、誰に対しても平等にオープンに接します。一緒にいるとホッとできるムードメーカー的な側面も。」
このようなものがありました。
たしかに又吉直樹さんは一見すると近寄りがたい雰囲気を感じることがあります。
しかし、芥川賞を受賞した際の記者会見ではそのイメージとは異なる姿を見れたのではないでしょうか?

本来、15分程度で終わる記者会見も又吉直樹さんの場合は2度に分けて行われ、両方の時間を合わせると二時間近くだったそうです。
又吉直樹さんは長時間にも渡る記者からの質問にも快く応じていたようです。
こういった部分でも「人の良さ」を感じますよね。

■期待の二作目も連載中

又吉直樹さんは次の作品では初めての恋愛小説にチャレンジしています。
新作が掲載された「新潮」は普段の4倍ほど発行するとコメントしていました。

動物占術では
「社会的に成功しても初心を忘れず、人の意見に耳を傾ける柔軟さを携えていきましょう。」
このような一文がありました。

「花火」で既に成功を収めている又吉直樹さんですが、そのことで慢心しているような様子はなく今も謙虚に作家やタレント活動をされているようです。

新作の「劇場」にも多くの読書家が期待していることでしょう。書籍化されるのが今から楽しみです。
トップへ戻る