動物占いには無い感覚!動物占術

手塚治虫



■マンガの神様とまで呼ばれ、多くの人気漫画家にも影響を与えた手塚治虫先生を占ってみた

手塚治虫先生の代表作はたくさんあり、有名な作品といえば「鉄腕アトム」「火の鳥」「ブラックジャック」「三つ目がとおる」など挙げ始めるとキリがありません。
長年、少年誌で様々な作品を作り続けていましたが、晩年には青年漫画も手がけています。

「ドラえもん」などで有名な藤子不二雄先生や赤塚不二夫先生など色々な漫画家にも大きな影響を与えています。
そして、1989年に病気で亡くなるまでの間、ずっとマンガや仕事に生きたと言われています。

そんな手塚治虫先生を動物占術で占ってみました。
誕生日は1928年11月3日で、名前の由来は生まれた時の年号である「明治」に由来しています。
本名は「手塚治」で「手塚治虫」は同名のペンネームです。

■オシャレな人気者の黒ヒョウ

手塚治虫先生の動物占術の結果はオシャレな人気者の黒ヒョウでした。
いつも被っていたベレー帽がとてもオシャレで似合っていましたよね。

それでは占いの詳細を見ていきましょう。
「正直な性格で気持ちをストレートに表現します。」
「他とかぶらない「個性」を伸ばし発揮することで人生が大きく展開していきます。」
このような内容がありました。

手塚治虫先生は作品にいろいろ気持ちや考え、テーマを乗せて世に送り出していました。
時にはストレートすぎる表現に物議を醸すこともありました。

しかし、そんな作品だからこそ私たちの心に響く作品として今も高い人気があるのでしょう。

■遺作の1つには…

手塚治虫先生は胃ガンで亡くなれていますが、本人にはその病名はずっと伏せられていたそうです。
しかし、病院内で作られた作品には主要人物が周りからは胃ガンとは伝えれていないが、本人は胃ガンと知っていてその後死亡する。といった内容があります。

真偽の程は確かめようがありませんが、占いの中には
「感性が繊細で人の心に敏感です。」
とありますので、もしかすると自分の体のことを何かを感じ取っていたのかもしれません。

日本のマンガやアニメに進歩に貢献し尽力してきた手塚治虫先生の名作の数々はこれからも色々な人に読まれ続け、愛され続けていくことでしょう。
トップへ戻る