動物占いには無い感覚!動物占術

江戸川乱歩



■推理小説家の帝王!江戸川乱歩さんを占ってみた。

怪人二十面相や名探偵明智小五郎、小林少年など魅力的なキャラクターを造形した「少年探偵団」シリーズに慣れ親しんだことがある人も多いはず!今回はその作者、江戸川乱歩さんを動物占術で占ってみました。

奇想天外で楽しい少年少女向けの作品ばかりでなく、オトナ向けの巧緻な推理小説、怪奇小説、果てはSF小説まで……日本のエンターテインメント小説の世界では他の追随を許さない巨匠です。

1894年10月12日生まれの江戸川さん。どんな占い結果が出てくるのでしょうか……!?
ちなみに「江戸川乱歩」というのはもちろんペンネーム。フランスの作家エドガー・アラン・ポーの名前をもじったものだそうです。

■ボランティア系愛されタヌキ

江戸川乱歩さんの占い結果は、『ボランティア系愛されタヌキ』でした。
写真などを見ると優しげでむっくりしたルックスが印象的な乱歩先生に合う占い結果といえるのではないでしょうか。

さて、『ボランティア系愛されタヌキ』の詳細を見てみると……

「腰が低く、物腰が柔らかいので敵を作ることがなく、どこでも愛されるポジションにおさまっています」
「飾り気がなくナチュラルに見えますが、実は変幻自在に化けることもできる合わせ上手」

という文言がまず印象的です。

作品世界は奇想天外、ひたすら面白い「少年探偵団」シリーズから、人の心の深いところを覗き見るようなゾクゾクする心理小説まで、数多く手がけている江戸川さん……「変幻自在」という言葉がまさにピッタリで、幅広い層の読者に愛されました。

また、怖い小説も多く書いているのでさぞかし怖そうな人なんだろうと思いきや、実生活の江戸川さんは多くの作家さんと仲が良く、同じジャンルで活躍する作家さんと積極的に交流し、若い後輩作家にも尊敬されていたそうです。

■多くの人に愛された「大乱歩」!

ご同輩や後輩の作家たちから、「大乱歩」と呼ばれることもあった乱歩先生。それだけ多くの人にとって大きな存在であったこと、信頼され、愛されてきた作家であることがわかります。

「仲間からは信頼され、人間関係を大事にすることでさらに大きな成功を手にする人生を送れるでしょう」という『ボランティア系愛されタヌキ』の占い結果通りに、キャリアを積み上げ、成功していった先生なのです。
トップへ戻る