動物占いには無い感覚!動物占術

アーノルド・シュワルツェネッガー



■みんなご存じシュワちゃん!アーノルド・シュワルツェネッガーさんを占ってみた。

日本では、愛称の「シュワちゃん」で知られるハリウッドスター、アーノルド・シュワルツェネッガーさん。1980~90年代のアクション映画ブームの中、特に活躍した俳優のひとりです。今回は、そんなシュワちゃんを動物占術で占ってみました。

2017年で御年70歳になろうとしているシュワちゃんですが、現在もアクション映画を中心に俳優業を続けています。また、2003~2011年にはアメリカ合衆国カリフォルニア州の知事をつとめ、政治家としてもその手腕を振るいました。

さて、そんなシュワちゃんの生年月日は1947年7月30日。
どのような占い結果になるのでしょうか?

■真面目おっとり系タヌキ

アーノルド・シュワルツェネッガーさんの占い結果は、『真面目おっとり系タヌキ』でした!

『真面目おっとり系タヌキ』は、「協調性があって、強く自己主張することがありません」という人。
もちろん押しも押されもしないハリウッドスターであったからにはそれなりに自己主張をしたこともあったでしょうし、下積み時代もあったシュワちゃんのことですから、若いうちは自分の売り込みなども行っていたでしょう。
しかし、撮影現場でワガママなことを言うスターも多い中で、その点に関してシュワちゃんは『真面目おっとり系タヌキ』そのものだという話です。

「周囲との関係性や自分の立ち位置、全体の雰囲気を読み取って適切なコミュニケーション手段に出ます」という特徴を持つ『真面目おっとり系タヌキ』なので、現場をよく見て、俳優として適切な役割を演じているのです。

■演技にも真面目なシュワちゃん!

『真面目おっとり系タヌキ』は、「真面目で勤勉」というのが大きな特徴で、「根っからの努力家でコツコツと実績を積んでいき、皆の手本となる存在になります」という人。

筋肉のみが発達したアクションスターと見られる向きもあるシュワちゃんですが、実は役柄ごとに細かい工夫をこらし、アクション映画の世界で「ひと味違うアクション」「ひと味違うキャラクター」を構築した人でもあります。たとえば1990年代に特に増えた、「コメディ風味の娯楽アクション大作」は、シュワちゃんがその先鞭をつけたといわれています。

トップへ戻る