動物占いには無い感覚!動物占術

石原慎太郎



■作家でありながら政治家として様々なポジションで活躍した石原慎太郎さんを占ってみた

石原慎太郎さんといえば、昨今の東京都知事の印象が強いですが過去に執筆された作品は数々の賞を取っている人気の作家でもあります。
弟である石原裕次郎さんを題材とした作品は100万冊以上売れる大ヒット作品です。

東京都知事の前後で国政にも参加しており、長官や大臣、政党の代表や最高顧問に就任するなど政治の世界においても輝かしい経歴を持っています。
そして2014年に政界を引退されています。

そんな石原慎太郎さんを動物占術で占ってみました。
誕生日は1932年9月30日です。
ちなみに高校時代はサッカー、大学時代は柔道にサッカーと学生時代はスポーツマンとして過ごしています。

■熱意ある行動派のゾウ

石原慎太郎さんの動物占術の結果は熱意ある行動派のゾウでした。
まさに今まで石原慎太郎さんが歩んできた道、それまでの言動などを考えるとピッタリではないでしょうか?

占い結果にも
「積極性があってアグレッシブに攻めの姿勢で生きるタイプ。」
「自分に厳しいため、人への評価や判断がシビアになりがち。」
とあります。

石原慎太郎さんの歯に衣着せぬ物言いは「石原節」とも言われ、マスコミを騒がせることも多々ありました。
国政に参加している時は党の方針に反発し、独自に動き、党を二分するような出来事も起こっています。
このような言動は自身の仕事や考え方に対する自信やプライドの現われなのかもしれませんね。

■長所であり欠点でもある

占いには
「真面目で隙のない人柄は、長所であるとともに短所にもなっているのです。」
「相手のペースや価値観を尊重しつつ、共通理解できる部分を作るのがポイントに。」
このようなものがありました。

石原慎太郎さんの魅力はどんなものにも臆することのない言動ですが。
動物占術の結果にもあるようにそれが短所となり、相容れない方たちからの反発が大きいのも事実です。
もう少し穏便に進めることで上手くいくこともあり、結果としても良かった、と言えるかもしれませんが石原慎太郎さんの魅力は半減だと感じてしまいます。

すでに高齢となられており脳梗塞の影響もあるので、今後政界に復帰されることは無いでしょうがあの「石原節」をまた聞かせてくれたら、と思ってしまいます。

トップへ戻る