動物占いには無い感覚!動物占術

岩井俊二



■独特の美学センスを持つ映画監督!岩井俊二さんを占ってみた。

ある年代の人たちにとって、「バイブル的」ともいえる心に突き刺さる映画作品を世に送り出し、多くのファンがいる監督・岩井俊二さん。具体的には2000年代はじめに青春時代を送った人たちに特に支持されており、独特の美学に貫かれた映像世界は「岩井美学」として知られています。
今回は、そんな岩井俊二さんを動物占術で占ってみました。

1963年1月24日生まれの岩井監督、どんな占い結果になるのでしょうか?

■コツコツ努力家のコアラ

岩井俊二さんの占い結果は、『コツコツ努力家のコアラ』でした。

『コツコツ努力家のコアラ』は、「ロマンティストで夢を追い続ける人生を送ります」という人で、「将来の展望やこうありたい自分像を色彩豊かにくっきりと描ける人です」とされています。
確かに、若き日の岩井さんは学校を卒業後、とにかく映像関係の仕事につこうと、就職活動などはそっちのけでアルバイトにいそしんでいたとのこと。「将来の自分」という理想像が、しっかりあったのです……そう、まさしく『コツコツ努力家のコアラ』の占い結果のように。

また、世に送り出す映画作品は時に賛否両論を呼ぶこともありますが、現在に至るまで「岩井美学」は健在。『コツコツ努力家のコアラ』は実際、「世間でどう見られるかよりも、自分の感覚を優先し我が道を進んでいくタイプ」なのです。

■「努力型」の天才監督

独特のアーティスティックな映像美が特徴的な作品を世に送り出す岩井監督ですが、天才肌の芸術家として見られながらも、実はコツコツ努力を重ねる人でもあります。
たとえば、ロストコープという珍しい手法でアニメ映画を制作するため、約20年かけて研究、テストを重ねて来たそうです。

「理想を叶えるための現実的な道筋や方法を考え、コツコツと実践していきます」という『コツコツ努力家のコアラ』の占い結果どおりに、映画制作を行っているのです。
ちなみにロストコープという手法で作られた作品、『花とアリス殺人事件』はヒットを記録。国内外の映画祭で賞を受賞しています。まさしく、「努力型の天才監督」というべき人なのです。
トップへ戻る