動物占いには無い感覚!動物占術

大谷翔平



■めざましい活躍をするプロ野球の新星「大谷翔平」選手を占ってみた

日本ハムファイターズの大谷翔平選手は2016年の野球界で大きな話題になった選手ですよね。

大谷翔平選手がスゴいところはなんといっても、投手でありながら打撃でも結果を残せる「二刀流」であることです。
2016年の結果ですが投手としては10勝をあげ、164km/hもの豪速球で170を超える奪三振と大活躍をしています。
そして打撃の方でも20本を超えるホームランを打っています。

投手は打席に立つ機会が少ない(野手に比べ試合にでる数が少ないため)にも関わらず、これほどのホームランを打っているのです。
これだけでも大谷翔平選手の打者としてのスゴさがわかりますよね。

そんな、素晴らしい成績を残した大谷翔平選手を動物占術で占ってみましょう。
生年月日は1994年7月5日で2016年には日本野球史上初の投手と打者の両方でベストナインに選ばれています。

■流れにまかせて生きる羊

大谷翔平選手の動物占術の結果は流れにまかせて生きる羊でした。
これだけ見ると、少し私たちが持つイメージとは違う結果のように感じますが、占いの中に

「社会の中で孤立しないよう、人との絆を大切にしています。」
「周囲との関係性やバランスを見ながら、自分の立ち位置を見いだします」
とあります。
大谷選手は基本的には投手です。
しかし、チームメイトや試合の状況によって投手として投げたあと野手に付いたり、指名打者としての出場、野手として最初から出場するなど、様々な形で試合に出場しチームに貢献しています。

投手と打者の「二刀流」に関してはOBや現役のプレイヤーから賛否両論が出ているが、「二刀流」なんてなかなか出来ることではないので、そのまま流れにまかせてやってみてもいいのでは?といった意見も多いようです。

■将来はやはりメジャーリーグ?

早くもメジャーへの移籍やスカウトが囁かれている大谷翔平選手ですが占いの結果には
「目先の結果だけにこだわらず、将来を見据えた目標設定が必要です。」
とあります。

今の「二刀流」のスタイルを貫くのか、はたまたどちらかに専念するのか?
メジャーに対し本格始動する前に決めておかねばならないことなのかもしれません。

トップへ戻る