動物占いには無い感覚!動物占術

反町隆史





■日本を代表するイケメン俳優!反町隆史を動物占術で占いました



クールでとてもカッコイイ反町隆史。デビュー当初はジャニーズ事務所に所属していて、かつて存在していたアイドルグループ「平家派」のバックダンサーとして活動していました。その後ジャニーズ事務所を退社し、16歳からはファッションモデルとして活動しはじめました。その後1994年からは俳優業に進出し、同年のドラマ「毎度ゴメンなさぁい」で俳優デビューしました。その後は1997年に放送されたドラマ「バージンロード」、「ビーチボーイズ」といった話題作に出演して知名度をあげていき、1998年に放送された大ヒットドラマ「GTO」で主演をつとめ、人気俳優の座へと駆け上がっていきました。その後も2000年に放送されたドラマ「ラブコンプレックス」や2011年に放送されたドラマ「グッドライフ〜ありがとう、パパ。さよなら〜」などで主演をつとめ、2015年10月からは人気ドラマ「相棒」シリーズに杉下右京の4代目相棒役として出演するなど人気俳優として活躍中です。今回はそんな反町隆史さんを動物占術で占いました。



■『リアリストの羊』



動物占術で占った結果、反町隆史さんは『リアリストの羊』でした。『リアリストの羊』は「常識的でモラルを重視する、紳士。品行方正で気配りの利くタイプです。現実主義で突飛なことをする心配がなく、安定感のある人。相手のしてほしいことを察知して、親切や思いやりを見せます。敵を作ることがなく、そつのない振る舞いが穏やかな人間関係を育むでしょう。一方で、感受性が強く人から理解されない、わかってもらえないと悲観して落ち込むことも。自分がしてあげたことを相手からもして欲しいという気持ちが強く、利害を重視する傾向も。」という特徴をもつ動物です。



実際に反町隆史さんは真面目な方だそうですが、演技面ではその真面目すぎる一面が仇となってしまうことがあるそうです。真面目すぎるため、以前演じた役が抜けきれず演技が不自然になってしまうことが多いそうですが、真面目でコツコツ努力をし続けることのできる反町隆史さんだからこそ、現在も芸能界の第一線で活躍し続けることができているのではないでしょうか!



さらに『リアリストの羊』には「仕事では、堅実に着実にミッションをこなします。几帳面な性格なのでスピードを求められる業務より、時間をかけて精度を上げる類のことに適性が。失敗やミスの許されない、慎重さを要する仕事で本領を発揮するでしょう。もともと才能に恵まれ、人からの引き立てを受けやすいタイプなので本気で打ち込めるジャンルを見つけるのが鍵。」という一面もあります。



俳優という時間をかけて作品にふさわしい役を演じきるというお仕事はまさに反町隆史さんにピッタリなのでしょうね!そんな反町隆史さんはまさに『リアリストの羊』でしょう。



トップへ戻る