動物占いには無い感覚!動物占術

スティーブン・スピルバーグ



■数々の名作を生んできた世界的映画監督スティーブン・スピルバーグさんを占ってみた

スティーブン・スピルバーグさんはアメリカの映画監督ですが、その作品の多くは日本でも公開され高い人気を集めています。
有名な作品と言えば、「ET」「インディ・ジョーンズ」「ジュラシックパーク」などがあり数えればキリがありません。

過去に何度も世界の歴代興行収入の記録更新もしています。
映画好きでない人であってもスティーブン・スピルバーグさんの名前や作品を知っている方が大半ではないでしょうか?

そんなスティーブン・スピルバーグさんを動物占術で占ってみましょう。
生年月日は1946年12月18日で、幼い頃から映像や映画に対し並々ならぬ興味があったようです。

■ユーモアたっぷりの猿

スティーブン・スピルバーグさんを動物占術で占ってみると、ユーモアたっぷりの猿という結果になりました。

「ユーモア感覚や芸術的な感性、クリエイティブな発想などを備えている」
「周囲を楽しませるプロフェッショナルでサービス精神も旺盛。」
占いの結果にはこのようなものがありました。

まさに映画監督しての面ですよね。
独特の発想から映画を作り、多くの作品で私たち楽しませ感動させてくれています。

特にジュラシックパークの一作目では恐竜を復活させる方法に関して見る人を驚かせましたよね。なんでも「理論的には不可能ではない」ということで話題になったかと思います。

DVDなどが新しいメディアとして台頭するとオーディオコメンタリーが収録されることが一般的になったがスティーブン・スピルバーグさんは「嫌い」という理由で自身の作品にはオーディオコメンタリーを基本的に収録しなかったという、強硬な一面もあります。

■邪心が芽生えると失敗も?

占いの結果に気になる一文がありました。
「これといった問題や大きな苦労なく望む人生を送れる幸運がありますが、邪心が芽生えると運を落とします。」
もちろん、本人の努力や才能あっての話ですがスティーブン・スピルバーグさんは今のとこ成功を収め、大きな失敗や問題などは起こしていません。
しかし、映画監督という枠を越えて何か欲などに取り憑かれてしまっては良くないことが起こるかもしれません。

そのような事が起こらないよう、これからも今までと同じ姿勢で映画作りに励んでくれることを願っています。

トップへ戻る