動物占いには無い感覚!動物占術

菅野智之



■抜群の制球力を持つサムライジャパンのエース菅野智之選手を占ってみた

2017年の3月に行われたWBC(World Baseball Classic)は世界一奪還を掲げるサムライジャパンの活躍に日本中が注目しました。

WBCに向けて日本のトッププレイヤーが招集され、厳選された投手陣の中でもエースと呼ばれたのが菅野智之(すがのともゆき)選手です。
サムライジャパンの監督である小久保裕紀さんからもその制球力が高く評価されていたようです。

菅野智之選手は元巨人軍の選手であり監督も務めた原辰徳さんの甥っ子ということでも注目を集めていました。

そんな菅野智之選手を動物占術で占ってみました。
ちなみに生年月日は1989年10月11日。趣味はゴルフでなかなかの腕前のようです。

■洗練された変身タヌキ

菅野智之選手の動物占術の結果は洗練された変身タヌキでした。
その結果に中に
「とっつきやすい雰囲気と気さくな人柄の人気者です。」
「前に出過ぎず、その場にぴったりの自分を演出できる器用さもあります。」
といったものがありました。

たしかに普段の菅野智之選手は温厚でおっとりしているそうなのですが、いざ野球のこととなると別の一面を覗かせることもあるようです。

この性格面に関して印象的なエピソードがあります。
菅野智之選手のチームメイトに野手の坂本選手がいるのですが、菅野智之選手が投げる試合ではエラーが多いということがありました。

そんな時、試合前の坂本選手に
「守備がんばって下さいよ」
と声をかけたそうです。

坂本選手の方が先輩だったにも関わらず、こういった行動をとる強気な一面もあったようです。

■WBCでは残念な結果に終わったものの…

WBCの準決勝では菅野智之選手の好投虚しく1-2でアメリカに破れてしまいました。
本当に惜しい試合だったと私も思います。

しかし、動物占術の結果には
「苦労してもクヨクヨせず、いつも前向き。過去に縛られたり執着せず、明るい未来に向かって進んでいきます。」
とあります。

もちろん、敗戦のショックから立ち直るには時間やきっかけが必要になるでしょう。
しかし、それを乗り越えた上で更なる活躍をしてくれることを信じています。

トップへ戻る