動物占いには無い感覚!動物占術

多部未華子









■実力派女優!多部未華子を動物占術で占いました!



たくさんの作品に出演している多部未華子。



小学生のころから女優を目指してさまざまなオーディションに挑戦していましたが、2002年にスカウトされて現在の事務所に所属。



2003年に映画「HINOKIO」のメインキャストにオーディションを経て選ばれ、さらに「HINOKIO」と2005年に公開された映画「青空のゆくえ」での演技が評価され、 ブルーリボン賞新人賞を受賞しました。



2009年にはNHK連続テレビ小説「つばさ」のヒロインをオーディションにて勝ち取り、同作品で主演をつとめ話題となりました。



さらに2011年にはドラマ「デカワンコ」で民放連続ドラマ初主演を果たし、人気女優へと成長していきました。



2017年には、アニメ映画「それいけ!アンパンマン ブルブルの宝探し大冒険!」で声優に挑戦するなど、さまざまな分野で活躍しています。



今回はそんな多部未華子さんを動物占術で占いました!



■『天才肌のペガサス』



動物占術で占った結果、多部未華子さんは『天才肌のペガサス』でした。



『天才肌のペガサス』は「



「近寄りがたい雰囲気が漂っていて、初対面で誤解されがちな人。本来は気さくでオープンな人柄。見た目で判断をせず、踏み込んで付き合えばユニークな絆が生まれる。親しくなるまでには多少時間がかかるものの、いったん相手に心を許せばどこまでも近くなって、境界がなくなるほどの関係に」



という特徴をもつ動物です。



多部未華子さんは、周囲に口でいわなくても自分がしてほしいことや思っていることを察してほしいタイプの方だそうです。



もしかするとそういった一面が、初対面で誤解されがちな原因のひとつになっているのかもしれませんね。



しかし『天才肌のペガサス』には



「軽快なトークやこなれた話術はプロ級。人を魅了し、ファンを獲得していく。自分の気持ちに素直で、感情を隠そうとはしない。気分にムラがあって周囲を困らせることもあるが、それもチャームポイントとして許されるキャラクター。人が集まる場ではエンターテイナーとして、皆を楽しませるのが特技。ときに話を盛って演出を入れることも」



という特徴もあります。



実際に多部未華子さんは嘘をつくことが嫌いで、ハッキリと物申すタイプの方だそうです。



芸能界の第一線で活躍し、人気女優としてたくさんの人々を魅了している多部未華子さんはまさに『天才肌のペガサス』でしょう!



■多部未華子はプロセスを楽しむ人?



『天才肌のペガサス』は



「才能に恵まれた天才肌で、一芸に秀でている。生まれながらのクリエイターで、結果にはこだわらず創作プロセスを楽しむタイプ。イメージ通りのものを作るまで集中して作業するが、出来上がったらすぐに興味を失う」



という特徴をもつ動物でもあります。



今後の多部未華子さんの活躍からは目が離せないですね!



トップへ戻る