動物占いには無い感覚!動物占術

山崎貴



■現代映画の巨匠!山崎貴さんを占ってみた。

『ALWAYS三丁目の夕日』や『永遠の0』など、大ヒット映画の数々を手がけて現代の日本映画には欠かせない存在になっている映画監督、山崎貴さん。映画監督としてだけでなく、「特撮=VFX」の第一人者として、さまざまな映画、アニメ、CMなどに携わっています。

今回は、そんな山崎貴さんを動物占術で占ってみました。
1964年6月12日生まれの山崎監督、気になる結果はどのようなものになっているのでしょうか……?

ちなみに山崎さん、映画監督としての目標は『風の谷のナウシカ』の原作版を実写化することだそうです。
がんばってほしいですね!

■流れにまかせて生きる羊

山崎貴さんの占い結果は、『流れにまかせて生きる羊』でした。

『流れにまかせて生きる羊』の特徴は、「周囲との関係性やバランスを見ながら、自分の立ち位置を見い出し、安定したポジションに収まるでしょう」ということ。

「流れにまかせる」というと何だか頼りない感じがするかもしれませんが、この場合はそうではなく、周りの人とのかかわりの中で物事の流れを見極めるチカラを持っている、ということを意味しています。つまり、いろんな人たちと関わり合いながら仕事などをする能力があるということ。まさに、映画監督には欠かせない資質だといえるでしょう。

「人に囲まれ、仲間と過ごす時間を何より大事にします」という人であり、実際、多くの俳優やスタッフに信頼され、「山崎組」というべき常連のスタッフ、キャストが彼の映画にはそろいます。

■映画制作でさまざまな仕事をこなすマルチプレイヤー!

VFXを専門とする会社「白組」のスタッフとしても活躍する山崎貴さん。
彼の作品の多くが、たとえば人情物語の『ALWAYS 三丁目の夕日』も昭和の日本を完璧に再現するためにVFXが使われましたが、監督のかたわらVFXディレクターとしても作品づくりの指揮をとっています。

「仕事では何事にも責任を持って、自力でやり遂げようとします」という『流れにまかせて生きる羊』の性格が反映された仕事ぶりだといえるでしょう。
また、「タフさと粘り強さで、困難も乗り越えていくでしょう」というのが『流れにまかせて生きる羊』の特徴。
作品づくりというのは時として順調にいかないこともあるものですが、山崎さんは毎回、質の高い作品をつくりあげて評価を得ています。まさに、タフで粘り強い、したたかなクリエイターなのです!
トップへ戻る