動物占いには無い感覚!動物占術

田中美佐子









■国民的大女優!田中美佐子を動物占術で占いました!



日本を代表する女優として数々の作品に出演している田中美佐子。



短大在学中に劇団ひまわりに入団し、短大卒業後にドラマ「想い出づくり」で女優デビューを果たしました。



1982年には映画「ダイアモンドは傷つかない」で映画初出演で初主演をつとめるという快挙を遂げ、第六回日本アカデミー賞新人俳優賞も受賞しました。



その後一度芸能活動を休止しましたが、2005年に人気ドラマ「ブラザー☆ビート」で復活を果たし、以後精力的に芸能活動をしています。



2017年現在も映画「彼らが本気で編むときは、」や「ミックス。」に出演するなど、活躍し続けています。



今回はそんな田中美佐子さんを動物占術で占いました!





■『カリスマ的な魅力のある猿』



動物占術で占った結果、田中美佐子さんは『カリスマ的な魅力のある猿』でした。



『カリスマ的な魅力のある猿』は「容姿に恵まれ、聡明さも備えた女性。積極的に動き、上手に世の中を渡っていける人です。甘えがなく、自立したタイプ。自分なりの価値観や世界観を持っていて、それを大切にしています。他の人にはないユニークさや魅力的な個性が人を引き付けることに。憧れの存在、カリスマとして注目され人気を集める人が多いでしょう」という性格をもつ動物です。



実際に田中美佐子さんは、落ち着いていて聡明さも備えている女性ですよね。



デビュー以降、田中美佐子さんは数々の映画やドラマに出演し、人気を博しています!



さらに『カリスマ的な魅力のある猿』は「大らかに見えますが神経が細やかで、傷つきやすい面もあります。将来への不安や先々を心配して、取り越し苦労をすることも。心配性なので、周囲へ世話を焼き過ぎると敬遠される場合があります。親しい人ほど干渉したり、お節介したくなる傾向があるのでほどほどに」という性格も持ち合わせている動物です。



田中美佐子さんは新人時代にとある大物女優や共演者から執拗なイジメを受けていたという経験があり、セリフをわざと飛ばされたり照明道具をわざと落とされそうになったことがあるそうです。



そんな辛い状況のなか、田中美佐子さんは「いつか楽しいときがくる」と前向きに考え、女優業を続けていったそうです。



芯が強くていじめに負けず、前向きでいられた田中美佐子さんだからこそ、現在も活躍し続けることができているのでしょうね!そ



んな田中美佐子さんはまさに『カリスマ的な魅力のある猿』といえるでしょう!





トップへ戻る