動物占いには無い感覚!動物占術

北野武



■世界の北野とビートたけし、2つの顔をもつ日本を代表するお笑い芸人である北野武さんを占ってみた

北野武さんと言えば、映画監督とお笑い芸人どちらをイメージされますか?
十数年前は漫才などを中心にバラエティ番組で活躍していることが大半でした。
しかし、1997年に監督をした映画「HANA-BI」が第54回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞を受賞するという快挙を成し遂げ、それ以降は世界の北野として映画監督で活躍する姿や報道も目立つようになり、今に至るというわけです。

このようになんとも不思議な魅力を持った北野武さんを動物占術で占ってみました。
北野武さんは1947年1月18日生まれです。
ちなみに芸人として出る場合はビートたけし、授賞式など公式の場では北野武と名前を使い分けている、と語っています。

■カリスマ的な魅力のある猿

動物占術の結果はカリスマ的な魅力のある猿と出ました。
確かに北野武さんにはお笑い・映画監督と両方の分野で高いカリスマ性を感じる方も多いのではないでしょうか?

「親しみやすさと気さくな雰囲気のある人気者。」
「ユーモラスにもてなすのも得意。自然なスタイルで好感を集めます。」

北野武さんは日本のテレビ番組はもちろん、公式の場でもジョークを忘れません。
ヴェネツィアの映画賞で金獅子賞を取った際も現地のお土産屋さんで買ったミニュチュアの金獅子像を取り出し笑いを誘っていました。

このようにどのような場でもクスリと笑えるような言動があるのが北野武さんの魅力ではないでしょうか。
また、お笑い出身でありながら多くの映画賞を取れるということを証明し、多くの方にとっての希望の星となりました。

■憧れの象徴

占いの結果には
「いつのまにか憧れの対象、慕われる存在になっているようです。」
このような一文がありました。
北野武さん自身も青年時代は自分が何をすればいいか悩んだ時代があったそうです。
しかし、芸人になることを決意。周りの反対を押し切って上京し、じょじょに漫才師として成功していったのです。

そして、今では多くの芸人や映画関係者、映画監督を目指す人にとって憧れ・慕われる存在になったのです。
トップへ戻る